ティッピング・ポイント―いかにして「小さな変化」が「大きな変化」を生み出すか

原著 Malcolm Gladwell , 翻訳 高橋 啓
価格: (税込)
出版:飛鳥新社
カテゴリ:単行本
ページ:310頁
JAN:9784870313941
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で13860位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
 「あるアイディアや流行もしくは社会的行動が、敷居を越えて一気に流れ出し、野火のように広がる劇的瞬間」。これが大きな話題を呼んだティッピング・ポイントの内容である。売れなかったモノが爆発的に売れたり、犯罪率が著しく増減したりといった謎の多い現象を解明しようとしたのが本書である。

 「劇的瞬間」とは何か。本書では、たとえばニューヨークの犯罪発生件数が5年間で64.3%もダウンしたケースなどを例にとって説明する。ここでは、荒廃していた地下鉄をクリーンアップし、無賃乗車を厳しく取り締まったことにティッピング・ポイントがあったとみる。荒廃した地下鉄がニューヨーク全体の犯罪を誘発していたという視点である。あるいは、販売不振だったシューズの爆発的な流行、テレビ番組「セサミ・ストリート」の成功などの現象を読み解いている。ごく小さな原因が感染的に広がり、劇的な変化を生むというのである。

   では、「感染」はなぜ起こるのか。本書は3つの要素を挙げる。「感染」を広げる少数者の存在、「ウィルス」の特徴、それが作用する環境である。とくに、口コミによる伝播の役割を担う人々の具体像を明らかにした点が興味深い。いわゆる口コミによるブレイクの謎解きを行ったものとして、実に刺激的な論考である。

   ただ、商品を売る側にとっては、そこから先、つまりどうすればティッピング・ポイントを作りだせるかが最大の関心事だろう。本書はそこまでは言っていない。本書が指摘しているのは、「小さな変化」が「大きな変化」につながるという発想(つまり、ティッピング・ポイントがすべてを決定するという考え方)が私たちに欠如しているということ。著者のねらいは、私たちの硬直した発想を転換することにあるようだ。(棚上 勉)

Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索