看護覚え書―看護であること看護でないこと

原著 Florence Nightingale , 翻訳 湯槇 ます , 翻訳 薄井 坦子 , 翻訳 小玉 香津子 , 翻訳 田村 眞 , 翻訳 小南 吉彦
定価:
マーケットプレイス価格:¥ 1,836 (税込)

出版:現代社
カテゴリ:単行本
ページ:299頁
JAN:9784874741429
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で41241位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
エディターレビュー
本書は、ナイチンゲールによって一世紀以上も前に書かれ、現在もなお看護の思想の原点となっている “ Notes on Nursing ” の完訳である。「看護とは、新鮮な空気、陽光、暖かさ、清潔さ、静かさ、などを 適切に整え、食事内容を適切に選択し 適切に与えること ― こういったことのすべてを、患者の生命力の消耗を最小にするように整えること、を意味すべきである」 と看護の原点と基本的原理を論述する本書は、すべて看護を学ぶ者の必読の書である。
Amazonレビュー
amazon検索