ヘル・オン・ホイールズ

編集 スタジオタッククリエイティブ , 翻訳 スタジオタッククリエイティブ
定価:
マーケットプレイス価格:¥ 4,104 (税込)

出版:スタジオタッククリエイティブ
カテゴリ:大型本
ページ:192頁
JAN:9784883937523
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で595159位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
エディターレビュー
バイクとそれに乗る人々は、場所を問わず少しネガティブな印象を持たれることがあります。
その最もたる存在が、本誌で取り上げているアウトロー・モーターサイクルクラブでしょう。
実際そのメンバーが重大な犯罪行為に手を染めることは少なくありませんが、しかしアウトローバイカー=犯罪者なのではないのです。
本誌は、その実態が、特に情報の少ない日本において知られていないアウトロー・モーターサイクルクラブの歴史を紐解くことで、その真の姿に迫るものです。
本誌は自身歴史あるモーターサイクルクラブの一員であるビル・ヘイズが、貴重なプライベート写真を含む多数の資料を交えて解説を加えた、インサイドストーリーです。
最古のブーズファイターズといったモーターサイクルクラブがどのようにして生まれ、ヘルズ・エンジェルズ、バンディドス、ヴァーゴスといった現代のビッグクラブにつながっていったのか。
それらがカナダ、ヨーロッパ、北欧、南半球へどのように拡大したのか。
そしてそれを抑えこもうとする法執行機関との闘いとは。
彼らのバイクやパッチの資料もあり、アウトローバイカー文化を知る上で欠かせない書籍となっています。

●まえがき
●序文
●イントロダクション:文化の誕生
●チャプター1: 戦争からの帰還
●チャプター2: フラワーズ&フィスツ
●チャプター3: レザーvsホリスター
●チャプター4: RICO法時代の愛
●チャプター5: 新しい時代の新たな地
●チャプター6: 9/11後のアウトロー達
●謝辞
●インデックス
Amazonレビュー


amazon検索