タオのプーさん

イラスト E・H・シェパード , 翻訳 吉福 伸逸 , 翻訳 松下 みさを
価格:¥ 1,620 (税込)
出版:平河出版社
カテゴリ:単行本
ページ:235頁
JAN:9784892031588
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で28748位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
エディターレビュー
「くまのプーさん」から老子の道教を読みといた一冊。タオイズムを”プーさん”を通してやさしくわかりやすく説明している。少しかみくだきすぎな感もあるのだけれども、大人が”子供のための”童話をどう読むのか、そして何を学ぶのかの一例とも言える。童話が童話でありうるためにはその裏に何かがあるから童話なのだ。 人生をものにする人は”道”を知っているという。それはどこまで”あるがまま”の自分と対峙できるのか、自分の内なる声、素朴な知恵の声、りこうさを超えて判断し、知識を超えて知る声に耳を傾けているからだ、と説く。それがなかったら、絶対に森を抜ける道を見つけることができないのだ。それこそが、プーの道。
Amazonレビュー


amazon検索