風の旅人 39号 Find the root彼岸と此岸 2 この世の際

価格: (税込)
出版:ユーラシア旅行社
カテゴリ:大型本
JAN:9784901919425
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で1045386位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
【 表紙・裏表紙 】 表紙写真/安井仲治・裏表紙写真/北義昭 【 写真 】 光の自然 photos / 杉本博司 磁力の表情 photos & text / 安井仲治 天と地のあいだ〜ロダンの夢〜 photos & text / 細江英公 ふるさと photos & text / 荻野NAO之 極北の命 photos & text / 八木清 Underground photos & text / 内山英明 【 文章 】 【連載】電気の働きに満ちた宇宙? 第9回 太陽 text / デビット・タルボット 【小特集】縄文のコスモロジー第2回 縄文の人間学 text / 酒井健 photo / 滋澤雅人 乳房とモーツアルト text / 田口ランディ ぎこちなく、果てしなく text / 姜信子 映像表現と、生存のありよう text / 小栗康平 まぼろしの鞍 text / 望月通陽 失うものと得るものと text / 前田英樹 歩いてゆく text / 管啓次郎 内部と外部:分節と自己言及 text / 蛭川立 懐かしき生の周縁 text / 皆川充 【小特集】再発見されるアウトサイダーアートの魅力に期待 text / 田口ランディ        "L'humanité est  l'exigence  d'une  possibilité  extrême" ―Georges Bataille  「人間性とは極限の可能性への要求である」 ジョルジュ・バタイユ。  「定義すると、可能性の極限とは次のような地点のことだ。すなわち、一人の人間が、存在のなかで自分にも理解しかねる立場に置かれていても、まやかしと恐れをかなぐり捨てて、もうこれ以上先へ行ける可能性が思い描けないほど遠くへ進んでいく、そんな地点のことなのである。不安のない知性の純粋な活動といったものを想像してみたところで(哲学はそういう袋小路に閉じこもっているのだが)、どんなに空しいか言うまでもないだろう。不安は、知性に劣らず、認識の手段なのであり、他方で可能性の極限は生であると同時に認識であるのだ。そして交わるということは、不安と同様に、生きかつ認識するということなのである。可能性の極限は、笑いを、恍惚を、死への恐怖に満ちた接近を、予想させる。さらに錯誤と嘔吐も予想される。可能性と不可能性の間の絶え間ない動揺も予想される。」
Amazonレビュー
amazon検索