新・針師のお守り―針灸よもやま話

価格:¥ 1,320 (税込)
出版:東洋学術出版社
カテゴリ:新書
ページ:191頁
JAN:9784904224618
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で618591位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
エディターレビュー
日本における中医針灸の第一人者が綴るエッセイ。第3弾

本書の紹介
同著者が,2000年に上梓した『針師のお守り 針灸よもやま話』および2015年に上梓した『続・針師のお守り―針灸よもやま話―』の続篇。
著者は日本の中医学導入期に中医学を学び,40年間日常臨床において運用してきた鍼灸師であり,30年前からは鍼灸学校の教壇に立つ教育者でもある。日本における中医鍼灸の第一人者の一人である。本書では日常の臨床や教育活動のなかで感じた問題点や疑問点を取り上げ,率直な見解をありのままに綴っている。
本書は,前作の発行後,『中医臨床』誌に掲載された「近況雑感」を一冊にまとめたものである。特に本書では「お腹の治療」「ビワの葉灸」「肩の散鍼(単刺)」「下の法」など,著者自身が長年多くの病気と向き合うなかから作り出してきた鍼灸療法の考え方とその実際の治療内容が具体的に示されている点に大きな特徴がある。
Amazonレビュー
amazon検索