「証」の診方・治し方 2―実例によるトレーニングと解説

価格:¥ 4,180 (税込)
出版:東洋学術出版社
カテゴリ:単行本
ページ:346頁
JAN:9784904224632
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で135219位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
エディターレビュー
この症例はどのように分析・治療すればよいのか 第2弾

呈示された症例をまず自力で解き,その後に解説を読むことで「証」を導く力を鍛える

本書の内容
前書『「証」の診方・治し方 ――実例によるトレーニングと解説――』およびその続篇となる本書は,厳選した30の症例を取り上げ,まず患者情報を呈示したうえで,その治療についての解説を鍼灸・湯液2つの面から行ったものである。解説を読む前にまず自分で証を導き処方や配穴を考えることで,弁証論治のトレーニングができる。取り上げた症例は実際の臨床例。長年,中医教育に力を注いできた経験豊富な著者らによる丁寧かつ実践的な解説で,初学者から中級者のトレーニング用として,また症例集としてすべてのレベルの人におすすめできる本。
本書の特徴
◇患者情報の呈示→自分で弁証してみる→解説を読む,の流れで弁証論治のトレーニングができる
◇呉先生(鍼灸)と高橋先生(湯液)による,弁証の結果,治療経過,症例分析,鍼灸・湯液治療の解説がわかりやすい
◇弁証は鍼灸・湯液にかかわらず,両方の先生の解説を参考にできる
◇解説では,弁証する際に陥りやすい鑑別点や,実践的なアドバイスがあり臨床に役立つ
◇実際の臨床例を呈示しているので,弁証論治のトレーニングだけでなく,症例集としても参考になる
Amazonレビュー
カテゴリ
amazon検索