動脈硬化性疾患予防のための脂質異常症診療ガイド 2018年版

価格:¥ 2,160 (税込)
出版:日本動脈硬化学会
カテゴリ:単行本
ページ:167頁
JAN:9784907130053
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で14354位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
エディターレビュー

動脈硬化性疾患予防のための脂質異常症治療ガイド2013年版が大改訂されました。
動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年版の治療の部分を本文は箇条書きにし、多数のカラーの図を掲載しています。
今回の主な改訂点は
・動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年版で採用した吹田研究に基づいたリスク管理チャートへの変更
・二次予防の高リスク病態での新しい管理目標値の追加
・2013年以降に市販された薬剤の収載
・KeywordsとQ&Aの加筆と追加
脂質異常症の患者数は2000万人を超え、潜在的な患者数は更に多いことが想定されます。
実地医家をはじめ多くの臨床医が日常的に脂質異常症を診断し治療を行っています。
脂質異常症の治療には生活習慣の改善が重要なことから、
管理栄養士・栄養士、保健師などのメディカルスタッフとの連携がきわめて重要です。
LDLコレステロールの値が高い場合には家族性高コレステロール血症のような遺伝性疾患の鑑別が求められます。
本書はその手引きとして活用していただけるようにも構成されています。
脂質異常症のチーム医療に携わっているスタッフの方の必読の書です。
Amazonレビュー
カテゴリ
amazon検索