10人のゆかいなひっこし (美しい数学 (1))

定価:
マーケットプレイス価格:¥ 1,782 (税込)

出版:童話屋
カテゴリ:単行本
ページ:48頁
JAN:9784924684065
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で89711位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
エディターレビュー
はじめは足し算と引き算がいい、ということになりました。それなら安野光雅さんに、いいアイディアがありました。安野さんのアイディアはこうです。 絵本を開くと、左の頁に家の断面図があってこどもが10人います(あれ?裸の女の子もいますよ。)。右のページには家の外面図があって、子どもたちは左の家から右の家に引っ越しをするという仕掛けです。 家の窓のうち、5つの窓には穴が開けてあり、その窓から子どもが見えます。5つの窓からは子どもが5人見えます。すると残っているのは何人?と、さっそく引き算が始まります。 そうやって子どもは左から右へ、どんどん引っ越していって、何人引っ越したから残り何人?窓から見えるのは何人?といくつもの引き算、足し算ができます。 引っ越しが終ると、さあこんどは右の家から左の家に引っ越しが始ります。 大人は「何だろう、これ?」ととまどいますが、子どもには、これが足し算と引き算の本だと、すぐわかります。 世界7ヶ国に輸出され、日本国内とあわせて100万冊が世界の子どもたちに読まれています。 (出版社説明より)
Amazonレビュー
カテゴリ
amazon検索