絵巻水滸伝 第二部 招安篇1(付録小冊子付)

価格:¥ 1,944 (税込)
出版:アトリエ正子房
カテゴリ:単行本(ソフトカバー)
JAN:9784990967017
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で274644位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
エディターレビュー
『絵巻水滸伝 第二部』待望の書籍版が登場!
108人の好漢が梁山泊に集結して数年──自由の天地に新たな強敵が襲来する!
WEBにて1998年から連載されている『絵巻水滸伝』の「第二部」が書籍になって登場しました。
歴史武将画の世界的第一人者、絵巻作家・正子公也氏の描く美麗挿絵、読みやすく、かつ格調高い文章で定評の歴史作家・森下翠氏の、原典を生かした巧みなストーリー。
WEB版より大幅に加筆訂正、ぜひ書籍にてお楽しみください。

水のほとり“梁山泊”に運命の108星が結集して数年──無頼の砦は自由を謳歌し、大宋国は内憂外患の混迷を深めていた。
“東京開封へ!”
梁山泊首領“及時雨”宋江の一言により、再び運命の輪が巡りだす。
元宵の月の光に導かれ、梁山泊一の伊達男“浪子”燕青は、思いも掛けぬ冒険の道へと踏み出していく。
梁山泊一の暴れ者、“黒旋風”李逵を相棒に、梁山泊から東京へ、そして霊峰・泰山へ。
岱廟で催される奉納武術大会に掲げられた、“打倒梁山泊”の旗。 無双の王者、“大宋力士”任原に挑む、“浪子”燕青。
東嶽廟に双虎闘い、嘉寧殿に二竜争う──最強の男は、誰だ!!

疾風怒濤の『招安篇』、ついに開幕!


著者:正子公也/森下翠
サイズ: B5判
フルカラー 118ページ
※付録小冊子『招安篇人物図鑑』封入
Amazonレビュー


カテゴリ
amazon検索