図説・17都県放射能測定マップ+読み解き集: 2011年のあの時・いま・未来を知る

編集 みんなのデータサイトマップ集編集チーム
定価:
マーケットプレイス価格:¥ 2,546 (税込)

出版:みんなのデータサイト出版
カテゴリ:大型本
ページ:200頁
JAN:9784991042706
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で8111位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
エディターレビュー
一家に一冊の保存版!! 今、いちばんわかりやすくて詳しい日本の「放射能」の本。 「政府がやらないなら市民の力で測ろう」が生んだ 世界で唯一の市民によるデータ集。 1986年のチェルノブイリ事故後、ロシア、ウクライナ、ベラルーシの三カ国が主導で詳細な土壌汚染地図が作成され、人々の生活の指針や、避難や補償の基準となりました。 しかし日本では、2011年の東京電力福島原発事故後、そうした地図が作られませんでした。 そこで各地の放射能測定ネットワーク「みんなのデータサイト」が、調査期間約3年間、17都県にわたり自分たちの手で採取・測定を行い、3,400ヶ所を超える採取地点の詳細な放射能汚染地図を完成させました。 さらに食べ物・環境・放射能の基礎知識など様々な情報を盛り込み作られたのがこの書籍です。クラウドファンディングで資金調達をして出版しました。全国の市民測定室のメンバーで共同執筆しています。 放射能のことがよくわからないというお母さんにも手に取ってもらいやすいよう、フルカラーにし、イラストや図表を豊富にしています。地図や図がみやすいよう、大判にしました。 一般の方々から専門家までどなたにも役立つ1冊です。
Amazonレビュー
カテゴリ
amazon検索