歯科初診料算定の基礎知識Ⅰ 今なら間に合う!?レセプト大量返戻対策 歯科保険診療シリーズ① 本文24ページ

価格:¥ 243 (税込)
出版:歯科保険診療研修会
カテゴリ:ムック
JAN:9784991070006
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で21960位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:通常2~3営業日以内に発送
エディターレビュー
歯科保険診療シリーズは、歯科保険診療会が保険診療のルールの学習、周知、徹底のために刊行する歯科医師向けの情報誌です。

歯科初診料算定の基本知識Ⅰ 歯科保険診療研修シリーズ①は、 保険診療では認められないメンテナンスが理由と思われる大量返戻に関して情報を収集し、その分析と対処方法について紹介しています。

個別指導のサポート経験が豊富な現役歯科医師が、保険診療のルールを明確にしつつ、その経験から導き出した現在の保険診療報酬請求、歯科初診料の算定についてお伝えしました。

本編24ページ 表紙2ぺージ 直ぐに手に取って、お読みいただくことで初診料算定、メンテナンスに取り組めるような内容になっています。

診療経験の豊富なベテランの歯科医師から、研修医、勤務医、開業間もない歯科医師の先生まで、広く活用していただけるような内容になっています。

特に新規開業、個別指導を意識された先生には、ぜひご活用いただきたいです。

はじめに
保険診療は病気や怪我を対象としている
レセプト二枚空けの初診起こし
初診パッケージでの保険請求
歯科でのメンテンナンスの取り組み
メンテナンスの間隔はなぜ三か月なのか?
レセプト二枚空けは、患者さんの中断のように見える!
現在のレセプトの審査状況
レセプトの大量返戻はなぜ起きるのか?
レセプト点検の検索条件設定による抽出
「初診パッケージ とは
現在の初診を起こす条件とは
本当にメンテナンスなのか? 治療なのか?
歯科疾患管理を行うこと
今後、メンテナンスはどうすればよいのか?
保険診療のルールに沿った請求を行うには
では、合法的に対応するにはどうするか?
SPT(Ⅱ)の算定ができるとどうなるのか?
まとめ

   著者 小出一久 歯科保険診療研修会主宰
   平成元年歯科医師免許取得
   平成6年こいで歯科医院開業
   平成26年歯科個別指導研修会主宰
   平成31年より歯科保険診療研修会主宰
   歯科個別診療研修会は、平成26年1月よりセミナー開始。
   平成30年12月までに93回開催。
   個別指導に関する情報発信、セミナー、サポート、相談など活動中
   主な刊行物 『指導・監査100%合格のカルテ―今すぐできる!歯科個別指導の必勝攻略法 』RIGHTING BOOKS
         『「歯科自費診療の増やし方」 DVDセミナー トライアル版 DVD』

ミッション:歯科会、歯科医師を元気にする!  ストレスのない診療に専念できる環境作り
Amazonレビュー
カテゴリ
amazon検索