あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝りたい」(復刻版)

寄稿 久保田政男
定価:
マーケットプレイス価格:¥ 1,290 (税込)

出版:沢口企画
カテゴリ:新書
JAN:9784991089008
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で136位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:通常1~2営業日以内に発送
エディターレビュー
<馬渕睦夫氏による推薦文>
本書が東西冷戦最中の1979年に発刊されたのは奇跡と言えます。
当時ソ連を信奉してやまない日本の左翼とは、ユダヤ思想のエピゴーネンであることがばれてしまったからです。
本書を読めば、わが国の國体の真髄である「君民一体」こそ、最先端の民主主義体制であることに誇りを持てるはずです。
〜馬渕睦夫(元駐ウクライナ兼モルドバ大使) 〜
========================
<田中英道氏による推薦文>
戦後、日本を占領したアメリカといいGHQといい、その中核はユダヤ人であることを如実に示した好著である。
四十年前、この本が出た時、買い求めたが、これを左翼の論壇が抹殺したきた。
こうしたユダヤ人の懺悔を聞きたくなかったのだろう。
なぜなら、日本の論壇こそ、左翼ユダヤ人たちが支配してきたからだ。
〜田中英道(東北大学名誉教授)〜
========================
<著者略歴>
モルデカイ・モーゼ: 1907年ウクライナのオデッサ生まれ。父親は哲学者で革命家、ロシア革命では指導的役割を果たした。
レーニン没後ソ連におけるユダヤ権力の将来に見切りをつけた父親と共にワイマール体制下のドイツへ亡命。父親は美濃部達吉博士に「天皇機関説」を説いたゲオルグ・イエリネックと親交があった。
ベルリン大学で政治学、哲学を専攻後、国際連盟労働局で極東問題を担当。独ソ不可侵条約が結ばれると、その本質がユダヤ勢力の抑圧にあることを看破し、ハルビンを経て上海に亡命。
「サッスーン財閥」の顧問となり、日本の国体、神道、軍事力の研究に従事。1941年米国へ亡命、ルーズベルト等のニューディル派のブレーントラストとして活躍。1943年頃から対日戦後処理の立案にも参画。戦後十数回来日した。
========================
<復刻版にあたって>
本書は、1979年に日新報道から出版され注目された話題の書でしたが、作者と翻訳者の死亡、出版社の倒産などにより長らく絶版となっておりました。
まるで目からウロコが落ちるような興味深い著作は、賛否両論を交え、現在でもネット上で話題になっているほどです。
多くの日本人にこの著作を読んで頂きたく、このたび有志による自費出版でその復刻版をつくらせていただきました。 また、ありがたいことに、尊敬する馬渕睦夫先生、田中英道先生からの推薦文も頂くことが出来ましたので、ぜひご一読頂けますと大変幸いです。
沢口企画 沢口祐司 

※販売額は、本の定価の1080円に、送料を含めた諸経費210円を追加させていただいております。
誠に恐れ入りますがご協力・ご了承頂けますと幸いです。
※お問合せ:info@hayashibara-ch.jp(海外、大口購入ほか)

======最新情報======
※2刷となりました。表紙のデザイン、文字校正が反映されております(2019/6/19)
※7/14在庫入荷しました!(7/14更新)

林原チャンネルのTwitterで最新情報更新中!:https://twitter.com/yaramaika360
Amazonレビュー
amazon検索