From the Muddy Banks of the Wishkah

定価:
マーケットプレイス価格:¥ 487 (税込)

レーベル:Geffen Records
カテゴリ:CD
:2120635
JAN:0078221868020
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で47305位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:通常1~2営業日以内に発送
トラックリスト
  1. Intro
  2. School
  3. Drain you
  4. Aneurysm
  5. Smells like teen spirit
  6. Been a son
  7. Lithium
  8. Sliver
  9. Spank thru
  10. Scentless apprentice
  11. Heart shaped box
  12. Milk it
  13. Negative creep
  14. Polly
  15. Breed
  16. Tourette's
  17. Blew
エディターレビュー
   カート・コバーンと共にニルヴァーナを組んでいたクリス・ノヴォセリックとデイブ・グロールが、コバーンの死後2作目となる本作の編集を計画したのは自然なことだった。というのも、コバーンの死後にリリースされた最初のアルバム『MTV Unplugged in New York』の重苦しさと緊張感が、彼の自殺後数日間MTV局で特別番組として繰り返し放送されたために、このバンドのライヴとして強く印象づけられてしまったからだ。けれども、ニルヴァーナのライヴの本質は、そうしたアコースティック感でも死への願望でもなく、あらんかぎりの精力を注いで表現される生への切望感だった。
   本作はバンドの全ライヴ音源から広く16曲が収録され、どのナンバーも信じられないほど騒々しく狂暴で、ときには考えられないほどグシャグシャである。コンサート開始前の音の断片であるオープニング曲「Intro」でコバーンは歓喜の叫びを上げているが、これは「Where Did You Sleep Last Night」の苦悶の叫びとは対照的と言える。続いてバンドは「School」を開始し、このナンバーは最後に「悲しむな」と鼓舞するかのようなコーラスで終わるが、その感傷も長続きはせず、「Smells Like Teen Spirit」、「Sliver」、「Heart-Shaped Box」、「Negative Creep」といった躍動感あふれる轟音ナンバーにかき消される。
   確かに本作は喝采に値するものの、未発表の貴重なナンバーが収録されているわけでもなく、今は亡きニルヴァーナのアルバムの中で傑出した作品とは言えない。つまり本作は過去のスタジオアルバムほどの重要性はなく、悲観的だが啓示的な『Unplugged』と比べてさえも同様である。(Jim Derogatis, Amazon.com)
Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索