No Reason to Cry

定価:¥ 1,176
マーケットプレイス価格:¥ 758 (税込)

レーベル:Polydor / Umgd
カテゴリ:CD
:2138990
JAN:0731453182424
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で109058位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
トラックリスト
  1. Beautiful Thing
  2. Carnival
  3. Sign Language
  4. County Jail Blues
  5. All Our Past Times
  6. Hello Old Friend
  7. Double Trouble
  8. Innocent Times
  9. Hungry
  10. Black Summer Rain
  11. Last Night
エディターレビュー
    名盤との評価も高い1976年作品。ボブ・ディラン、ロン・ウッド、ロビー・ロバートソン、リチャード・マニュエル、リック・ダンコ、ジョージー・フェイム、ビリー・プレストン、ジェシ・エド・デイヴィスなどなど、総勢40人程の超豪華ゲストを迎えて制作された。
   リチャード・マニュエルとリック・ダンコ作の<1>は、これぞザ・バンドというべき哀愁味あふれるカントリー・ロック。ボブ・ディラン作の<3>ではなんとディランとクラプトンとのデュエットを聴くことができる。一聴してそれと分かるロビー・ロバートソンのギターも大きくフィーチャーされ、スーパースターそろい踏みのお得な1曲。<5>はザ・バンド解散コンサートの「ラスト・ワルツ」でもプレイされた、カントリー・フレイヴァーあふれる男臭いバラード。2002年に登場した『ラスト・ワルツ 完全盤』でその時の演奏を聴くことができる。オーティス・ラッシュの有名なブルース・ナンバーを取り上げた<7>では、クラプトンの鬼気迫るギターソロを堪能できる。
   全体的にザ・バンドの影響が色濃く、彼らの諸作と同様にカントリー、フォーク、ブルース、ゴスペル、R&Bといったアメリカン・ルーツ・ミュージックが穏やかに溶け合っている作品だ。クラプトンのヴォーカルもさまざまな工夫が見られ、表現に深みを与えることに成功している。クラプトンのファンはもちろん、ザ・バンドのファンは必ず押さえておきたい1枚。(今井直也)
Amazonレビュー
amazon検索