Sun Rises in the East

定価:
マーケットプレイス価格:¥ 1,188 (税込)

レーベル:Fontana Island
カテゴリ:CD
:2160312
JAN:0769712401122
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で22145位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:通常1~2営業日以内に発送
トラックリスト
  1. Intro (Life)
  2. D. Original
  3. Brooklyn Took It
  4. Perverted Monks In Tha House (Skit)
  5. Mental Stamina
  6. Da Bichez
  7. You Can't Stop The Prophet
  8. Perverted Monks In Tha House (Theme)
  9. Ain't The Devil Happy
  10. My Mind Spray
  11. Come Clean
  12. Jungle Music
  13. Statik
エディターレビュー
ラスタファリアンMCが、ギャング・スターのアルバム、『デイリー・オペレーション』から「アイ・アム・ザ・マン」を盗んだとき、ラップ・ファンはその事に気づいていた。ジェル・ザ・ダジャマのデビュー作、『サン・ライジズ・フロム・イースト』が発表されたときも、がっかりしなかった。リズムを下げて、聖書っぽくフレーズを引用したり、ヒップ・ホップについてあれこれ語るC.R.E.A.Mクレドなんかに真っ向から対決してる彼のやり方は一貫してない。ブルックリンの仲間が使ってる業界用語なんかは、「メンタル・スタミナ」で満喫できる。この曲で彼は、いつも音楽のパートナー、アフ・ラに語っているように、「キリスト教徒じゃない。おれはフェニキア人だ」って叫んでる。ストリートの主題歌、「カム・クリーン」はDJプレミアーをフィーチャー、まあ、皮肉な事に彼ってヒップ.ホップのプロデューサーなんだけどさ、これが最高にかっこいいんだ。でも、このアルバムは挑戦的なんだけどね、実際のところ。ジェルは、「ダ・ビッチズ」で、ホーンのループに合わせて、クソ女と女のコを分けてるって語ってる。彼のスタンスが一貫してないのはさておき、40分のアルバムは無駄がなく、彼のベストアルバムだって言えるだろう(ダルトン・ヒギンズ, Amazon.com)
Amazonレビュー
amazon検索