Getz/Gilberto

定価:
マーケットプレイス価格:¥ 1,479 (税込)

レーベル:Polygram Records
カテゴリ:CD
:2138469
JAN:0731452141422
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で12740位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:通常1~2営業日以内に発送
トラックリスト
  1. The Girl From Ipanema
  2. Doralice
  3. Para Machuchar Meu Coracao
  4. Desafinado (Off Key)
  5. Corcovado (Quiet Nights Of Quiet Stars)
  6. So Danco Samba
  7. O Grande Amor
  8. Vivo Sonhando (Dreamer)
  9. The Girl From Ipanema - 45 RPM Issue
  10. Corcovado (Quiet Nights Of Quiet Stars) - 45 RPM Issue
エディターレビュー
   1960年代、57年の映画『黒いオルフェ』の音楽を書いたブラジルの作曲家アントニオ・カルロス・ジョビンらの活動から発生した、「ボサノヴァ」という新しい音楽が隆盛し始めていた。
   白人サックス奏者、スタン・ゲッツはボサノヴァに興味を示しギターのチャーリー・バードと『ジャズ・サンバ』を録音するが、これがヒット。続いてゲッツはジョビン、ジョアン・ジルベルトとともに本盤を録音する。最も有名なボサノヴァ曲「イパネマの娘」がオープニングを飾る。原詞ポルトガル語で歌うのはジョアン、続いて英詞を歌うのはジョアンの妻、アストラット・ジルベルト。アストラットはこれが歌手デビューではあったが、技巧を感じさせないクールな歌唱で人気者となる。ほかにもボサノヴァ・スタンダードが多く演奏されるが、クールなサウンドにゲッツのサックスが見事にはまる。アルバムは大ヒットし、グラミー賞も獲得するが、それ以上にボサノヴァを全世界に広めた本盤の功績は特筆すべきだ。(高木宏真)
Amazonレビュー


amazon検索