King of America (Bonus CD)

定価:¥ 2,963
マーケットプレイス価格:¥ 2,568 (税込)

レーベル:Import [Generic]
カテゴリ:CD
JAN:0740155501129
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で63760位

[ Amazonの詳細ページへ ]
トラックリスト
Disc : 1
  1. Brilliant mistake
  2. Lovable
  3. Our little angel
  4. Don't let me be misunderstood
  5. Glitter gulch
  6. Indoor fireworks
  7. Little palaces
  8. I'll wear it proudly
  9. American without tears
  10. Eisenhower blues
  11. Poisoned rose
  12. Big light
  13. Jack of all parades
  14. Suit of lights
  15. Sleep of the just
  16. People's limousine - Coward Brothers
  17. They'll never take her love from me - Coward Brothers
  18. Suffering face
  19. Shoes without heels
  20. King of confidence
エディターレビュー
   1981年の失敗作『Almost Blue』の厄払いのために、エルヴィス・コステロは1986年リリースの本作で新たな挑戦をはじめた。本作に収められたのはアメリカン・ライフを深く追求した極上の15曲。「Little Palaces」と「Indoor Fireworks」は魔法の技をリスナーにかけ、初めて聴いたのにこれまでずっと知っていたかのような気持ちにさせてくれる――なんの変哲もないサウンドに聞こえるかも知れないが、最高のソングライティングとはそういうものだ。

   ときおり「Our Little Angel」のように、今は亡きハンク・ウィリアムズの名曲を聴いているような気にさせられるかもしれないし、さらに「愛そうとしても/彼女は君とは正反対/まるで電動のこぎりで辞書を引いてるみたいだ」のような対句の詞を書けるライターが今やコステロしかいなくなってしまったことにも気づかされる。けれども、本作の全部が全部スライドギターをバックに家庭不和を歌っているわけではなく、「Lovable」ではかつてのコステロと同じくらい、とことん陽気で奔放な瞬間が訪れる。「Eisenhower Blues」はまさにタイトルどおりのブルース・ナンバーだ。さらに本作から半年後には『Blood And Chocolate』がリリースされ大論争を巻き起こした――そして、このアルバムが偶然にもレディオヘッドを生んだ。こうして1986年は、コステロのファンにとってあとにも先にもないまたとない1年となったのだ。(Peter Paphides, Amazon.co.uk)

Amazonレビュー
amazon検索