Band on the Run, 25th Anniversary Edition

定価:
マーケットプレイス価格:¥ 3,918 (税込)

レーベル:Capitol
カテゴリ:CD
JAN:0724349917620
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で286549位

[ Amazonの詳細ページへ ]
トラックリスト
Disc : 1
  1. Band On The Run
  2. Jet
  3. Bluebird
  4. Mrs. Vandebilt
  5. Let Me Roll It
  6. Mamunia
  7. No Words
  8. Helen Wheels
  9. Picasso's Last Words (Drink To Me)
  10. Ninteteen Hundred And Eighty Five
Disc : 2
  1. Paul McCartney (Dialogue Intro)/Band On The Run (Nicely Toasted Mix)
  2. Band On The Run (Original) (Background)/Paul McCartney (Dialogue Link I)
  3. Band On The Run (Barn Rehearsal)
  4. Paul McCartney (Dialogue Link 2)/Mamunia (Original) Bckground)/Denny Laine (Dialogue)...
  5. Bluebird (Live-Version)
  6. Bluebird (Original) (Background)/Paul McCartney (Dialogue Link 4)
  7. Paul McCartney (Dialogue Link 5)/No Words (Original) (Background)/Geoff Emerick (Dialogue)
  8. No Words (Original)/Paul McCartney (Dialogue Link 6)/Tony Visconti (Dialogue).Band On The Run...
  9. Jet ( Original From Picasso's Last Words) (Background)/Paul McCartney (Dialogue Link 7)...
  10. Jet (Berlin Soundchek)
  11. Paul McCartney (Dialogue Link 8)/Clive Arrowsmith (Dialogue)
  12. Nineteen Hundred And Eighty Five (Original) (Background)/Paul McCartney (Dialogue Link 9)...
  13. Mrs. Vandebilt (Original) (Background)/Paul McCartney (Dialogue Link11)/Kenny Lynch (Dialogue)...
  14. Let Me Roll It (Cardington Rehearsal)/Paul McCartney (Dialogue Link 12)
  15. Paul McCartney (Dialogue Link 13)/Mrs. Vandebilt (Background)/Linda McCartney (Band On The Run...
  16. Helen Wheels (crazed)/Paul McCartney (Dialogue Link 14)/Christopher Lee (Dialogue)
  17. Band On The Run (Strum Bit)/v (Dialogue Link 15)/lemente Freud (Dialogue)
  18. Picasso's Last Words (Original) (Background)/Paul McCartney Dialogue Link 16)/Dustin Hoffman...
  19. Picasso's Last Words (Drink To Me) (Acoustic Version)
  20. Band On The Run (Nicely Toasted Mix)/Paul McCartney (Dialogue Link 17)
  21. Band On The Run (Northern Comic Version)
エディターレビュー
   本作は大失敗作になるはずだった。というのも、制作開始直前になってウィングスのオリジナルメンバーのうち2人がマッカートニーに腹を立ててバンドを辞めてしまったからだ。そのうえ、ナイジェリアのラゴスでのレコーディングという突飛な決定も、マッカートニーとメンバーたちが朽ち果てたスタジオを目の当たりにした瞬間に、さらにいくつものデモテープが武装した一団に盗まれたあととなっては悪夢と化した。こうした逆境にもかかわらず(ひょっとしたら、そのおかげで)本作はビートルズ解散後のマッカートニーの当たり外れの激しいキャリアの中で、トータルアルバムとしての評価が最も高く、満足度としても最高の地位を保っている。
   本ミニ・ボックスセットには、オリジナルアルバムのディスク1と、マーク・ルーイソンによる素晴らしい解説のブックレットと、特典であるディスク2が収められている。ディスク2には多くのアウトテイクと、本作の制作に参加したあらゆる人物へのインタビューが収録されている。インタビューは、俳優のジェームズ・コバーンやクリストファー・リーを始めとするアルバムジャケットの制作に携わった人物から、ダスティン・ホフマンまで及んでいる。ホフマンは「Picasso's Last Words」のソングライティングについて、自由に書けばいいんだとマッカートニーを激励したエピソードを詳しく語っている。このディスク2は良質なラジオ・ショーにはなったかもしれないが、インタビューが音楽より重要なはずはない。ジャケット撮影のフォトセッションのことをこと細かに語るのに費やす時間があるならば、もっと当時のアウトテイク(ボーナストラックの多くは90年代中ごろのライヴテイクから選りすぐられている。おそらくマッカートニーは長年にわたって本作が彼にとってどんなに大事だったかを知らしめたいのであろう)や、シングルのB面になった2曲を収録できたはずだが、おかしなことに本作には見当たらない。(Jerry McCulley, Amazon.com)
Amazonレビュー
amazon検索