ワルツ・フォー・デビイ+4(紙ジャケット仕様)

演奏 ビル・エヴァンス , 演奏 スコット・ラファロ , 演奏 ポール・モチアン
新品の在庫はありません。
ユーズド:¥ 1,580より »
レーベル:ビクターエンタテインメント
カテゴリ:CD
JAN:4988002381531
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で266672位

[ Amazonの詳細ページへ ]
トラックリスト
  1. マイ・フーリッシュ・ハート
  2. ワルツ・フォー・デビイ
  3. デトゥアー・アヘッド
  4. マイ・ロマンス
  5. サム・アザー・タイム
  6. マイルストーンズ
  7. ワルツ・フォー・デビイ
  8. デトゥアー・アヘッド
  9. マイ・ロマンス
  10. ポーギー(アイ・ラヴ・ユー,ポーギー)
エディターレビュー
   スコット・ラファロ(B)とポール・モチアン(Dr)を擁するビル・エヴァンス・トリオは、ライヴ活動を通じて互いの音楽的信頼感を高めてきた。結成後1年半たった61年6月25日、ニューヨークの名門ジャズクラブ「ヴィレッジ・ヴァンガード」に出演し、歴史的ライヴ録音を行った。
   スタジオ録音にはないスリリングな名演となったが、この10日後スコット・ラファロが他界。本トリオの正式なライヴ録音は、ラファロ追悼盤の『サンディ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード』と本盤のみ。それでも本盤が、すべてのジャズアルバムのなかで、ソニー・ロリンズの『サキソフォン・コロッサス』と並んで最高の人気盤であるのは、内容がすばらしいからである。
   オープニングのバラード『マイ・フーリッシュ・ハート』は果てしなく美しい。タイトル曲『ワルツ・フォー・デビー』は、エヴァンスの兄娘デビイのために書かれたワルツだ。生涯を通じて何度も演奏される曲だが、ここでの演奏が最高。(高木宏真)
Amazonレビュー


amazon検索