Play

定価:
マーケットプレイス価格:¥ 2,101 (税込)

レーベル:V2
カテゴリ:CD
JAN:0638812704924
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で238646位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:通常3~4営業日以内に発送
トラックリスト
  1. Honey
  2. Find My Baby
  3. Porcelain
  4. Why Does My Heart Feel So Bad?
  5. South Side
  6. Rushing
  7. Bodyrock
  8. Natural Blues
  9. Machete
  10. 7
  11. Run On
  12. Down Slow
  13. If Things Were Perfect
  14. Everloving
  15. Inside
  16. Guitar, Flute & String
  17. The Sky Is Broken
  18. My Weakness
エディターレビュー
   テクノの革命児久々の新作は、心地良くて清らか、聴くと元気になる1枚。『Play』で聴かれるのはブレイクビーツ、アンビエント風ミックス、ブルースやゴスペル風サンプルのカクテルであり、時代やジャンルの概念を超えて訴えかけてくる。ビートに慣れた耳にも本物だとうならせる出来。他のアーティストではまねできないようなこんなアプローチが許されるのは、モービーが敬虔(けいけん)なクリスチャンであるとともに、徹底して奇抜な音楽的発想にこだわっているからであろう。その真摯(しんし)な姿勢は、全体のビートや多様な要素を含んだアレンジの中に脈打っている。「Find My Baby」と「Natural Blues」で聴かれるソウルフルなリフや叫びは、「Bodyrock」の正統派ダンス・パーティー・チューンと「Inside」の口でとろけるようなアンビエンスの中間を、さりげない美しさで表現している。モービーはターンテーブルを駆使して、ピュアでさらに根本的な何かを見つけてしまったようだ。実際このアルバムは、テクノとは思えないほどナチュラルな響きを持ち、どんなDJよりもスピリチュアルで、実に生き生きとしている。興味のある方は、名作コンピ『Natural Blues』でサンプル元となった原曲を聴いてみると良い。エタ・ジェームスやベラ・ホール、BBキングといったブルース、ゴスペル系シンガーたちによるオリジナルを楽しめる。(Matthew Cooke, Amazon.co.uk)
Amazonレビュー
amazon検索