Facing Future

定価:
マーケットプレイス価格:¥ 2,012 (税込)

レーベル:Big Boy Records
カテゴリ:CD
:2156131
JAN:0761268590121
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で1210位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
トラックリスト
  1. Hawai'i '78 introduction
  2. Ka Huila Wai
  3. 'Ama'ama
  4. Panini Pua Kea
  5. Take Me Home Country Road
  6. Kuhio Bay
  7. Ka Pua U'i
  8. White Sandy Beach of Hawai'i
  9. Henehene Kou 'Aka
  10. La 'Elima
  11. Pili Me Ka'u Manu
  12. Maui Hawaiian Sup'pa Man
  13. Kaulana Kawaihae
  14. Somewhere Over The Rainbow/What A Wonderful World
  15. Hawai'i '78
エディターレビュー
   地元ハワイでのイズラエル・カマカヴィウォオレの人気ぶりを物語るエピソードがある。1997年に(38歳であの崇高なまでの肥満が原因で)亡くなったとき、彼の遺体は州議会の議事堂に安置され、その栄誉を受けたわずかふたり目の人物となったのだ。
   イズの魅力は、アメリカの一州として併合される以前のハワイへの愛と、表現力豊かな優しく情熱的な声にある。その声は高音域を震わせながら、ジョニー・マティスを思わせる安らぎを乗せて空を漂う。本作の数曲(「Ka Pua U'I」、「White Sandy Beach of Hawai'I」、陽気な「La 'Elima」)では、ウクレレの弾き語りで彼本来の叙情性を引き出し、ハワイの伝統的なムードを醸し出している。また、ジミー・バフェットさながらの「Maui Hawaiian Sup'pa Man」では、自らのスタイルにぴったりの現代的なタッチを遊び心豊かに加えている。
   本作で何より感動的なのはアルバムのオープニングとエンディングを飾る哀悼歌で、ストリングスをバックに、「Hawai'i '78 Introduction」では父の死をしのび、「Hawai'i '78」では失われつつあるハワイ土着の文化へ思いをはせている。そして、「Somewhere Over the Rainbow/What a Wonderful World」のメドレーは、映画『ジョー・ブラックをよろしく』のエンディングタイトルで流れ、本作で最も有名なナンバーとなった。(Terry Wood, Amazon.com)
Amazonレビュー


amazon検索