Sunflower / Surf's Up

定価:
マーケットプレイス価格:¥ 622 (税込)

レーベル:Capitol
カテゴリ:CD
JAN:0724352569229
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で29206位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:通常1~2営業日以内に発送
トラックリスト
  1. Slip On Through (24-Bit Remastered 99) (2000 Digital Remaster)
  2. This Whole World (24-Bit Remastered 99) (2000 Digital Remaster)
  3. Add Some Music To Your Day (24-Bit Remastered 99) (2000 Digital Remaster)
  4. Got To Know The Woman (24-Bit Remastered 99) (2000 Digital Remaster)
  5. Deirdre (24-Bit Remastered 99) (2000 Digital Remaster)
  6. It's About Time (24-Bit Remastered 99) (2000 Digital Remaster)
  7. Tears In The Morning (24-Bit Remastered 99) (2000 Digital Remaster)
  8. All I Wanna Do (24-Bit Remastered 99) (2000 Digital Remaster)
  9. Forever (24-Bit Remastered 99) (2000 Digital Remaster)
  10. Our Sweet Love (2000 Digital Remaster)
  11. At My Window (24-Bit Remastered 99) (2000 Digital Remaster)
  12. Cool, Cool Water (24-Bit Remastered 99) (2000 Digital Remaster)
  13. Don't Go Near The Water (2000 Digital Remaster)
  14. Long Promised Road (24-Bit Remastered 99) (2000 Digital Remaster)
  15. Take A Load Off Your Feet (24-Bit Remastered 00) (2000 Digital Remaster)
  16. Disney Girls 1957"
  17. Student Demonstration Time (2000 Digital Remaster)
  18. Feel Flows (Digitally Remastered '00)
  19. Lookin' At Tomorrow (A Welfare Song) (24-Bit Remastered 00) (2000 Digital Remaster)
  20. A Day In The Life Of A Tree (24-Bit Remastered 00) (2000 Digital Remaster)
  21. 'Til I Die (24-Bit Remastered 99) (2000 Digital Remaster)
  22. Surf's Up (24-Bit Remastered 99) (2000 Digital Remaster)
エディターレビュー
   1970年の『Sunflower』をビーチ・ボーイズ絶頂期の1枚と見なすリスナーは数多い。たしかに、ウィルソン兄弟が当時感じていたにちがいない混迷――レーベルと苦い決別を果たしたのと同じ頃に、創作面の中心だったブライアン・ウィルソンが表舞台から身を引いた――に似合わない成熟とトータル性が備わっている。けれども、『Sunflower』は決して『Pet Sounds』ではない。「At My Window」「Slip on Through」といったトラックには、感傷的なポップスへの見苦しいまでの入れこみっぷりがあらわれている。また、「It's About Time」はマーヴィン・ゲイの「What's Going On?」を薄めたような曲だ。だが、デニス・ウィルソンの手がけたことのほか美しい「Forever」と時代を超えた「Tears In The Morning」によって、アルバムのバランスはいくらか軌道修正されている。

   一方1971年の『Surf's Up』は、寄せ集めアルバムと言ってまちがいない。デニスは兄ブライアンの亡霊に圧倒されるばかりだし、マイク・ラヴのえせポリティカル・ソング「Student Demonstration Time」はリスナーを戸惑わせるだけだ。環境運動についても何度となく触れている。だが幸いにも、ブライアン・ウィルソンの信じがたいほどすばらしい2曲――ブラスを織り交ぜたタイトル曲(棚上げされた『Smile』セッションの代表曲の1つ)、病的なまでに内省的な「Till I Die」――によって救われている。『Sunflower』と『Surf's Up』を1枚に収めたこのリイシュー盤には、ウィルソンの伝記を執筆したティモシー・ホワイトによる新たなライナーノートも付いている。(Jerry Thackray, Amazon.co.uk)

Amazonレビュー
amazon検索