少年のレクイエム

定価:¥ 2,592
マーケットプレイス価格:¥ 4,630 (税込)

レーベル:ビクターエンタテインメント
カテゴリ:CD
JAN:4988002354931
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で2642位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
トラックリスト
  1. Pie Jesu(G.Faure)
  2. Pie Jesu(A.L.Webber)
  3. Sanctus(G.Faure)
  4. Kyrie(B.Britten)
  5. Agnus Dei(W.A.Mozart)
  6. Benedictus(B.Britten)
  7. Pie Jesu(J.Rutter)
  8. Benedictus(C.Gounod)
  9. Pie Jesu(M.Durufle)
  10. Lacrimosa(W.A.Mozart)
  11. In Paradisum(G.Faure)
  12. Agnus Dei[in a dream](W.A.Mozart)
エディターレビュー
   ありとあらゆる「癒し」が巷(ちまた)にはあふれている。が、純粋無垢(むく)な美少年の透き通った歌声に勝る「癒し」が他にあるだろうか。どんな優雅なソプラノよりも、どんな妖しいカウンターテノールよりも、いちばん心を洗い流してくれる。これは、清潔で透明な少年の声が堪能できる、究極の癒しのディスクだ。

   本作でソロをとっているボーイソプラノのコナー・バロウズは1983年生まれ。10歳でコンサートデビューし、セント・ポール大聖堂の聖歌隊で1991年から96年まで活躍した。その至純な声はデビューしてまもなくセンセーションを巻き起こし、欧米の人々の記憶に強く焼きついているという。

   本ディスクを一聴してみれば、だれもがコナーの声の天上的な美しさにイチコロで参ってしまうだろう。まさに神様からの贈り物、天からの恩寵(おんちょう)としか思えないほどの、永遠的な響きをコナーの声は持っている。

   しかもテーマをレクイエム(死者のためのミサ)として、古今のレクイエムの名曲からのオムニバスとしているところが、企画としても秀逸である。シンセサイザーによるシンプルなアレンジにも好感が持てる。

   ボーイソプラノの声は、どんなに美しくともいつか失われる。少年が青年に生まれ変わるまでのほんの短い間の貴重な輝きなのだ。しかし、このレコーディングによって、“20世紀最後の天才ボーイソプラノ”としての名声をほしいがままにしたコナー・バロウズの全盛期(すなわち声変わりの直前)の声をいまも聴くことができるのは、実にありがたいことと言わなければいけない。(林田直樹)

Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索