Diana Ross and Marvin Gaye

定価:
マーケットプレイス価格:¥ 544 (税込)

レーベル:Motow
カテゴリ:CD
:2069504
JAN:0601215717327
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で33747位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
トラックリスト
  1. You Are Everything
  2. Love Twins
  3. Don't Knock My Love
  4. You're A Special Part Of Me
  5. Pledging My Love
  6. Just Say, Just Say
  7. Stop, Look, Listen (To Your Heart)
  8. I'm Falling In Love With You
  9. My Mistake (Was To Love You)
  10. Include Me In Your Life
  11. Alone
  12. The Things I Will Not Miss
  13. I've Come To Love You So Much
  14. I'll Keep My Light In My Window
エディターレビュー
   ボクシングの世界なら、実力差がみえみえの対戦と言われそうな本作。この1973年のアルバムでは、6人のプロデューサー(ゲイ&タミー・テレルの仕掛け人、アシュフォード&シンプソンや、モータウンの重鎮ハル・デイヴィス、モータウンの社長ベリー・ゴーディ本人など)の手によって、マーヴィン・ゲイとダイアナ・ロスがデュエットを吹きこんでいる。のちにゲイが伝記作家デイヴィッド・リッツにロスのことを批判的に語ったように、ゲイの情感豊かな歌声と、ロスのささやくようなハイトーン・ヴォイスの組み合わせは、実際しばしば水と油のようだ。だが、それでもなお本作には抗えない魅力がある。

   ゲイの抑制のきいたヴォーカルはすばらしく、それにスタイリスティックスのカバー曲2曲と見事なシングル曲「My Mistake (Was to Love You)」は、ふたりにぴったりの感動的なトラックだ(たとえ「I'm Falling in Love with You」がどんなに納得いかなくても、気にすることなくリラックスして楽しんでもらいたい)。そんな本作は、名作とまではいかなくとも、それなりに興味深い作品と言える。このCD盤には、オリジナルのレコード盤にはなかったボーナストラック4曲(うち3曲が未発表曲)が追加されている。(Rickey Wright, Amazon.com)

Amazonレビュー
amazon検索