Kids Are Alright - O.S.T.

定価:
マーケットプレイス価格:¥ 802 (税込)

レーベル:Mca
カテゴリ:CD
:2139741
JAN:0073145436942
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で76281位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:通常1~2営業日以内に発送
トラックリスト
  1. My Generation
  2. I Can't Explain
  3. Happy Jack
  4. I Can See For Miles
  5. Magic Bus
  6. Long Live Rock
  7. Anyway, Anyhow, Anywhere
  8. Young Man Blues
  9. My Wife
  10. Baba O'Riley
  11. A Quick One, While He's Away
  12. Tommy, Can You Hear Me?
  13. Sparks
  14. Pinball Wizard
  15. See Me, Feel Me
  16. Join Together/Roadrunner/My Generation Blues
  17. Won't Get Fooled Again
エディターレビュー
痛々しく懲りすぎたロック映画のひとつ、ケン・ラッセルの『Tommy』に関わったりもしたが、ザ・フーこそ、ロック・ドキュメンタリー映画のベスト作品のテーマになって当然だった――ジェフ・スタインの『The Kids Are Alright』で。昔からのフーのファンであるスタインはインタビューや批評的な深読みを極力避けて、テレビに登場した場面やコンサートなどのバンドの演奏に賢く焦点を絞った。そのセンスのお陰で、このサウンドトラックは演奏の絶頂期にあったフーの曲を集めたレアなアルバムとなっている。しかも、ライヴ音源としては未発表となる曲の「My Wife」、「Young Man Blues」、メドレー「Join Together/Roadrunner/My Generation Blues」や、重要なアウトテイクでアンセムの「Long Live Rock」が収録されているし、何と言っても、テレビで演奏した際の時に文字通り爆発し、そして荘厳な彼らの比類なき「Smother Brothers」もある。スタインの唯一のステージにあがったパフォーマンスの「Baba O'Riley」や皮肉な アンセムのような「Won't Get Fooled Again」は彼らが歴史に残る存在であり、刺激的でもあったと証明している。キース・ムーンのタイミングの悪い1978年の死のわずか数カ月前に撮影され、ここに収められた演奏は彼が最後に公衆の前で演奏したものとなる。これがベストのザ・フーだ。これ以上の出来はそうそう望めない。(Jerry McCulley, Amazon.com)
Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索