FRIENDS

定価:
マーケットプレイス価格:¥ 622 (税込)

レーベル:CAPIT
カテゴリ:CD
:2126893
JAN:0724353163822
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で77214位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
トラックリスト
  1. Meant For You (Digitally Remastered 01)
  2. Friends (Digitally Remastered 01)
  3. Wake The World (Digitally Remastered 01)
  4. Be Here In The Mornin' (Digitally Remastered 01)
  5. When A Man Needs A Woman (Digitally Remastered 01)
  6. Passing By (2001 Digital Remaster)
  7. Anna Lee, The Healer (Digitally Remastered 01)
  8. Little Bird (Digitally Remastered 01)
  9. Be Still (Digitally Remastered 01)
  10. Busy Doin' Nothin' (Digitally Remastered 01)
  11. Diamond Head (2001 Digital Remaster)
  12. Transcendental Meditation (Digitally Remastered 01)
  13. Do It Again (2001 Digital Remaster)
  14. I Can Hear Music (2001 Digital Remaster)
  15. Bluebirds Over The Mountain (Digitally Remastered 01)
  16. Be With Me (Digitally Remastered 01)
  17. All I Want To Do (Digitally Remastered 01)
  18. The Nearest Faraway Place (2001 Digital Remaster)
  19. Cotton Fields (The Cotton Song) (Digitally Remastered 01)
  20. I Went To Sleep (Digitally Remastered 01)
  21. Time To Get Alone (Digitally Remastered 01)
  22. Never Learn Not to Love (Digitally Remastered 01)
  23. Our Prayer (Digitally Remastered 01)
  24. Cabinessence (2001 Digital Remaster)
  25. Break Away (Digitally Remastered 01)
  26. Celebrate The News (Digitally Remastered 01)
  27. We're Together Again (Digitally Remastered & Remixed 01)
  28. Walk On By (Digitally Remastered & Remixed 01)
  29. Old Folks At Home / Ol' Man River (Medley) (2001 Digital Remaster & Remix)
エディターレビュー
   このディスクは、ビーチ・ボーイズの2つのアルバム――『Friends』と『20/20』――を1枚に収め、リマスタリングし、ボーナス・トラックを加えたものだ。1968年、『Friends』を録音するころになると、ビーチ・ボーイズのヘッドとしてのブライアン・ウィルソンの地位はしだいに揺らぎ始める。まだブライアンが中心人物であることに変わりはなかったが、ソングライティングはバンドの中で平等に分担するようになっていたのだ。結果はやはり統一感に欠ける仕上がりとなった。というのも、ブライアン印のポケット・シンフォニー(「Passing By」、「Busy Doin' Nothin」、「Wake the World」)とは相容れないタイプの曲(「Transcendental Meditation」、「Anna Lee, The Healer」、「Little Bird」)があるからだ。

   1969年にリリースされた『20/20』は、ビーチ・ボーイズ本来のアルバムというより、キャピタル・レコードとの契約を満了させるため、あり合わせの音源を寄せ集めたものといったほうが当たっている。皮肉なことに、『Pet Sounds』以降のアルバムとしては最も出来がよく、首尾一貫したもののひとつになった。ヒット・シングルとしては、陽気でノスタルジックな「Do It Again」、カールがプロデュースしたロネッツの見事なカヴァー「I Can Hear Music」が出た。また、ブライアンの弟デニスが「Be With Me」で作曲家としての成長ぶりを見せつけているのは、まさに血は争えないといったところ。それに負けじとブライアンも、ぼう然とするようなアイデアの「Cabinessence」(未発表に終わったアルバム『Smile』のセッションより)、掛け値なしの大傑作「Time Alone」で迎え撃つ。また、悪名高い「Never Learn To Love」も収録。語り草となっているわりには何ということのない小品だが、これを書いたのは何を隠そうチャールズ・マンソンなのだ。5つのボーナス・トラックはこれよりずっと上出来で、とりわけ「Breakaway」は輝いている。(Chris King, Amazon.com)

Amazonレビュー
amazon検索