ベートーヴェン:交響曲全集

演奏 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 , 作曲 ベートーヴェン , 指揮 カラヤン(ヘルベルト・フォン) , 指揮 フロシャウアー(ヘルムート)
定価:¥ 9,612
マーケットプレイス価格:¥ 8,907 (税込)

レーベル:ポリドール
カテゴリ:CD
JAN:4988005195920
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で3514位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
トラックリスト
Disc : 1
  1. 交響曲 第1番 ハ長調 作品21 第1楽章:Adagio molto-Allegro con brio
  2. 交響曲 第1番 ハ長調 作品21 第2楽章:Andante cantabile con moto
  3. 交響曲 第1番 ハ長調 作品21 第3楽章:Menuetto.Allegro molto e vivace
  4. 交響曲 第1番 ハ長調 作品21 第4楽章:Adagio-Allegro molto vivace.
  5. 交響曲 第4番 変ロ長調 作品60 第1楽章:Adagio-Allegro vivace
  6. 交響曲 第4番 変ロ長調 作品60 第2楽章:Adagio
  7. 交響曲 第4番 変ロ長調 作品60 第3楽章:Allegro vivace
  8. 交響曲 第4番 変ロ長調 作品60 第4楽章:Allegro non troppo
  9. 「エグモント」序曲 作品84 Sostenuto ma non troppo-Allegro
Disc : 2
  1. 交響曲 第2番 ニ長調 作品36 第1楽章:Adagio-Allegro con brio
  2. 交響曲 第2番 ニ長調 作品36 第2楽章:Larghetto
  3. 交響曲 第2番 ニ長調 作品36 第3楽章:Scherzo.Allegro
  4. 交響曲 第2番 ニ長調 作品36 第4楽章:Allegro molto
  5. 交響曲 第7番 イ長調 作品92 第1楽章:Poco sostenuto-Vivace
  6. 交響曲 第7番 イ長調 作品92 第2楽章:Allegretto
  7. 交響曲 第7番 イ長調 作品92 第3楽章:Presto
  8. 交響曲 第7番 イ長調 作品92 第4楽章:Allegro con brio
Disc : 3
  1. 交響曲 第3番 変ホ長調 作品55「英雄」 第1楽章:Allegro con brio
  2. 交響曲 第3番 変ホ長調 作品55「英雄」 第2楽章:Marcia funebre.Adagio assai
  3. 交響曲 第3番 変ホ長調 作品55「英雄」 第3楽章:Scherzo.Allegro vivace
  4. 交響曲 第3番 変ホ長調 作品55「英雄」 第4楽章:Finale.Allegro molto
  5. 「レオノーレ」序曲 第3番 作品72a Adagio-Allegro
Disc : 4
  1. 交響曲 第5番 ハ短調 作品67「運命」 第1楽章:Allegro con brio
  2. 交響曲 第5番 ハ短調 作品67「運命」 第2楽章:Andante con moto
  3. 交響曲 第5番 ハ短調 作品67「運命」 第3楽章:Allegro
  4. 交響曲 第5番 ハ短調 作品67「運命」 第4楽章:Allegro
  5. 交響曲 第8番 ヘ長調 作品93 第1楽章:Allegro vivace e con brio
  6. 交響曲 第8番 ヘ長調 作品93 第2楽章:Allegretto Scherzando
  7. 交響曲 第8番 ヘ長調 作品93 第3楽章:Tempo di Menuetto
  8. 交響曲 第8番 ヘ長調 作品93 第4楽章:Allegro vivace
  9. 歌劇「フィデリオ」序曲 作品72b Allegeo
Disc : 5
  1. 交響曲 第6番 ヘ長調 作品68「田園」 第1楽章:<田舎に着いて起こる、はればれとした気分の目ざめ> Allegro ma non troppo
  2. 交響曲 第6番 ヘ長調 作品68「田園」 第2楽章:<小川のほとりの情景> Andante molto mosso
  3. 交響曲 第6番 ヘ長調 作品68「田園」 第3楽章:<農夫たちの楽しい集まり> Allegro
  4. 交響曲 第6番 ヘ長調 作品68「田園」 第4楽章:<雷雨、嵐> Allegro
  5. 交響曲 第6番 ヘ長調 作品68「田園」 第5楽章:<牧人の歌、嵐のあとの喜ばしい感謝にみちた気持ち> Allegretto
  6. 序曲「コリオラン」作品62 Allegro con brio
  7. 「プロメテウスの創造物」序曲 作品43 Adagio-Allegro molto con brio
  8. 「プアテネの廃墟」序曲 作品113 Andante con moto-Allegro,ma non troppo
Disc : 6
  1. 交響曲 第9番 ニ短調 作品125「合唱」 第1楽章:Allegro ma non troppo, un poco maestoso
  2. 交響曲 第9番 ニ短調 作品125「合唱」 第2楽章:Molto vivace
  3. 交響曲 第9番 ニ短調 作品125「合唱」 第3楽章:Adagio molto e cantabile
  4. 交響曲 第9番 ニ短調 作品125「合唱」 第4楽章:Presto
  5. 交響曲 第9番 ニ短調 作品125「合唱」 Presto-》O Freunde,nicht diese Tone《-Allegro assai(シラーの頌歌「歓
エディターレビュー
   これは快楽主義的なベートーヴェンである。もっとも、これらの演奏を聴いていると、ヘルベルト・フォン・カラヤンはセックスと愛を、体つきと感情を混同していないかどうか、ときに疑わしく思われる。少なくとも彼は、心理学や実体よりも、音の豊かさやテクスチュアの重みにより多く関心があるように見える。彼の解釈には大いなる感情も、葛藤も、精神的解放感もないけれども、大いなる美しさと気分を浮き立たせるものがあることは確かである。

   演奏法はカラヤンが1970年代にベルリンで修めた“マッサージ”スタイルの典型で、“マッサージ”スタイルとは、よく知られているように、アンドルー・ポーターが演奏の成果を批評して神戸牛にたとえたものである。筋骨隆々の下にはある種の柔らかさがあるが、大部分においてカラヤンは例の強烈な統率力を発揮し、抒情的な要素と動的な要素のバランスを維持している。

   これらのレコーディングを行ったときピークを迎えていたベルリン・フィルハーモニー・オーケストラは、まさに驚きである。その演奏が熱情的であったり、あるいは自発的であったりすることはほとんどないとはいえ、そのサウンドは豪奢で、生気に富み、気分を浮き立たせるほど豊かである。

   カラヤンは終始、ビッグ・オーケストラを使い続ける。交響曲第1番でもそうで、そのため音が、重々しくはないが、大きく聞こえる(第4楽章冒頭でのヴァイオリン群のきびきびした音階は、心地よいほど軽やかである)。オーケストラの滑らかさに加えて、カラヤンの解釈もエネルギーが高レベルにある点で注目に値する。これはとくに第8番について言え、この全集でもっとも成功している作品の1つである第8番は、第7番との関連をはっきり示すやり方で演奏されている。

   バランスについては、評価は「非常によい」から「傑出した」まであるが(第4番、8番、9番)、超越的なところまで近づくことはごくまれである。ベルリン・フィルハーモニーで行われたレコーディングではクローズマイクが使われ、かなり高レベルで原盤ディスクが作られ、サウンドは見事なほど堅牢である。(Ted Libbey, Amazon.com)

Amazonレビュー
amazon検索