ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第1~4番

作曲 ラフマニノフ , 指揮 プレヴィン(アンドレ) , オーケストラ ロンドン交響楽団 , Piano アシュケナージ(ウラジミール)
定価:
マーケットプレイス価格:¥ 2,631 (税込)

レーベル:ポリドール
カテゴリ:CD
JAN:4988005165220
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で1866位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
トラックリスト
  1. ピアノ協奏曲 第1番 嬰ヘ短調、Op.1~第1楽章:ヴィヴァーチェ
  2. ピアノ協奏曲 第1番 嬰ヘ短調、Op.1~第2楽章:アンダンテ
  3. ピアノ協奏曲 第1番 嬰ヘ短調、Op.1~第3楽章:アレグロ・ヴィヴァーチェ
  4. ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調、Op.18~第1楽章:モデラート
  5. ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調、Op.18~第2楽章:アダージョ・ソステヌート
  6. ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調、Op.18~第3楽章:アレグロ・スケルツァンド
エディターレビュー
   ロシアの哀愁の世界をたっぷりと堪能できる好ディスクである。現代のピアノ界でアシュケナージほどまろやかでたっぷりとした憂いを含んだ美音を持つピアニストはいない。とりわけ同郷の作曲家ラフマニノフの作品は得意中の得意であり、右に出る者はいない。特に協奏曲はたびたびレコーディングが繰り返されてきた。
   本ディスクはアシュケナージの技巧が最も冴えに冴えていた33歳のときのもの。「逢引き」「7年目の浮気」といった映画に使用された甘美きわまりない第2番、「シャイン」で主人公が演奏する劇的な第3番。この2曲は大変ポピュラーな名曲だが、第1番と第4番もそれに劣らず見事な作品である。アシュケナージは、誇張のない抑制された非常に優れたバランス感覚をもって、緻密にラフマニノフの抒情を描き出している。アシュケナージのこれは大変優れた特徴でもあるのだが、この緻密さが結果的に音楽の全体像を、圧倒的に巨大なスケールあるものと化していく。指揮のプレヴィンもまた、ラフマニノフを最も得意とし、ここでもそんなアシュケナージにぴったりと寄り添った完璧なサポートぶりを発揮している。
   単に感傷のみにとどまらない、極上の香気を漂わせたラフマニノフの心からの歌を満喫できるディスクである。(林田直樹)
Amazonレビュー
amazon検索