モーリス restored version [DVD]

新品の在庫はありません。
販売元:ハピネット・ピクチャーズ
カテゴリ:DVD
JAN:4949478081813
Amazon.co.jp 売上ランキング:DVDで96456位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品を買った人はこんな商品も買っています
エディターレビュー
   イスマイル・マーチャントとジェームズ・アイヴォリーがコンビを組んだ、E・M・フォスターの原作を映画化した3作のうちの2作目『眺めのいい部屋』と『ハワーズ・エンド』の間のもの)であるこの『モーリス』は、青年がホモ・セクシュアルに悩む様子を描いている。しかし、ただそれだけの話ではない。主人公は彼の人格的、性的なアイデンティティと同じくらい、イギリスの階級社会と格闘するのである。映画は風が吹きすさぶ嵐の海岸で幕を開ける。年配の男性が、父のいない青年モーリス・ホール(ジェームズ・ウィルビー)に、不器用に「聖なるミステリー」であるセックスを教えている。この嵐のような言葉のない激情は、このゆっくりと進む美しい映画を通して続いている。小説家E・M・フォスターの才が溢れたイギリスのメロドラマは、選択と強迫観念をテーマにしていて、思慮深い主人公の青年は、二人の全く違うタイプの男性の間で思い悩む。一人は繊細で物静かなクライヴ(ヒュー・グラント)だが、彼はプラトニックラブを信奉し、普通の生活を望む青年だった(グラントの演技は見事で、彼はホモ・セクシュアルのシンボルになるのではないかと言われた)。クライヴが結婚した後、モーリスは思いを断ち切れずに悩む。不運なことに、このときにクライブ家の猟場管理人であるスカダーと出会い、惹かれる。彼は読み書きはほとんどできず、クラシックよりもしとめたウサギについて話すような森番だった。「社会的に下層の人間」を愛したことで、モーリスは自分の中に隠された欲望と、持って生まれた身分について立ち向かうことになったのだった。(Grant Balfour, Amazon.com)
Amazonレビュー


amazon検索