蒼ざめたハイウェイ

演奏 チープ・トリック
価格:¥ 3,400 (税込)
レーベル:エピックレコードジャパン
カテゴリ:CD
JAN:4988010772727
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で244778位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
トラックリスト
  1. ハロー・ゼア
  2. ビッグ・アイズ
  3. ダウンド
  4. 甘い罠
  5. ユーアー・オール・トーク
  6. オー・キャロライン
  7. 今夜は帰さない
  8. サザン・ガールズ
  9. カモン,カモン
  10. ソー・グッド・トゥ・シー・ユー
  11. オー・ボーイ(インストゥルメンタル・ヴァージョン)
  12. サザン・ガールズ(未発表デモ・ヴァージョン)
  13. カモン,カモン(未発表デモ・ヴァージョン)
  14. ユーアー・オール・トーク(未発表ライヴ・ヴァージョン)
  15. グッドナイト(未発表ライヴ・ヴァージョン)
Yahoo!ショッピング
蒼ざめたハイウェイ/チープ・トリック
ストア:BOOKOFF Online ヤフー店
在庫あり
¥1,000
条件付
送料無料
新品/CD/蒼ざめたハイウェイ チープ・トリック
ストア:ドラマYahoo!店
¥1,836
条件付
送料無料
新品/CD/蒼ざめたハイウェイ チープ・トリック
ストア:ドラマ書房Yahoo!店
¥1,836
条件付
送料無料
エディターレビュー
   チープ・トリック2枚目のアルバム(1977年に出た2枚目でもあった!)は、名盤であるデビューアルバムの鋭さを引き継ぐものではない。デビューが“パワー”なら、これは“ポップ”なのだ。『In Color』の核となっているのは、70年代半ばのデビュー前、中西部のバーで精力的に演奏していたころから書きためてきた、優れた曲の数々だ。バンドはプロデュサー、トム・ワーマンのバブルガム風のタッチを蔑んだが、優しく甘くなったチープ・トリックを日本の観客は武道館に招き、それに世界が続いたのである。

   その最高例が、このアルバムではファッツ・ドミノ風のピアノブレイクが入った永遠の名曲「I Want You to Want Me」だ(『Live at Budokan』が出るまでヒットしなかった)。ワーマンのポップなアプローチはバンドのライヴの持ち味である厚みのあるノイズを薄めてはいるが、各メンバーの音楽の才能を強調してもいる。「Big Eyes」や懐かしい名曲「Clock Strikes Ten」での、リック・ニールセンのつかれたようなリフ。死にたいような苦しみを歌う「Downed」から(チープ・トリックファン、カート・コバーンが好きだった曲である)、甘い期待に満ちた「I Want You」、世の中にうんざりした「So Good to See You」まで、ロビン・サンダーの多重人格的なヴォーカル。そしてすべてをそつなく支える、トム・ピーターソンとバン・E・カルロスの安定したリズムセクション(特に「Southern Girls」がすばらしい)。

   この拡大盤は、音質が大きくアップしており、解説や写真も新しくなったほか、ボーナストラックを5曲収録している。思いがけないインストゥルメンタルのB盤「Oh Boy」、プロデューサーの反論前のテイクを聴かせる「Southern Girls」、定番曲「Come On, Come On」の1975年のデモ、そして1977年LAのウィスキー・ア・ゴー・ゴーでの「You’re All Talk」といつもライヴで最後に演奏する「Goodnight」のライヴ・ヴァージョン。“2作目はこける”というジンクスとは無縁のアルバムだ。(Jerry McCullev, Amazon.com)

Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索