スピード・オブ・サウンド

価格:¥ 4,000 (税込)
レーベル:EMIミュージック・ジャパン
カテゴリ:CD
JAN:4988006713086
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で238594位

[ Amazonの詳細ページへ ]
トラックリスト
  1. 幸せのノック
  2. ザ・ノート・ユー・ネヴァー・ロウト
  3. 僕のベイビー
  4. 愛の証し
  5. ワイノ・ジュンコ
  6. 心のラヴ・ソング
  7. クック・オブ・ザ・ハウス
  8. やすらぎの時
  9. マスト・ドゥ・サムシング
  10. サン・フェリー・アン
  11. やさしい気持
  12. ウォーキング・イン・ザ・パーク・ウィズ・エロイーズ
  13. ブリッジ・オーヴァー・ザ・リヴィー・スイート
  14. サリー・G
エディターレビュー
   質問:ポール・マッカートニーが「Silly Love Songs(心のラヴ・ソング)」(原題は「バカげたラヴ・ソング」の意)を書いたのはいつ? 答え:1976年以降ずっと。 この有名なジョークを思い出させるのが本作『Wings At The Speed Of Sound』だ。リリース後にポールの大々的なアメリカ・ツアーが開始され、その話題性も手伝って長らくチャートのトップに留まっていたアルバムである。また、前述の「Silly Love Songs(心のラヴ・ソング)」に加え、「Let 'Em In(幸せのノック)」がシングル化されヒットした。後者は前者を上回る人気を得たが、刺激にとぼしいという点ではどちらも同じようなものだ。

   本作の出来は、好意的に見ても「まあまあ」という程度。『Band On The Run』(邦題『バンド・オン・ザ・ラン』)、『Venus and Mars』(邦題『ヴィーナス・アンド・マース』)と傑作が続いた後のアルバムだけに、肩透かしの感は強かった。ポール流の見事なロック・チューン「Beware My Love(愛の証し)」はうれしい驚きを与えてくれるが、アルバムの残りの部分を救うには至っていない。ポールは時々どうしようもなく甘ったるい感傷と砂糖菓子みたいなサウンドに溺れてしまうことがある。

   3つのボーナス・トラックは、概してアルバム本編の曲より出来がいいと言える。「Walking in the Park with Eloise」(ポールの父親の作)、「Bridge on the River Suite」という2つのインスト・ナンバーは、当初カントリー・ハムズ名義で発表された。この2曲でポールは、ナッシュヴィルの伝説的ミュージシャンであるチェット・アトキンス、フロイド・クレイマーとチームを組んでいる。「Sally G」は「Junior's Farm」のB面に収録されていたカントリー色の強い曲だ。(Jerry McCulley, Amazon.com)

Amazonレビュー
amazon検索