至上の愛

演奏 ジョン・コルトレーン , 演奏 マッコイ・タイナー , 演奏 ジミー・ギャリソン , 演奏 エルヴィン・ジョーンズ
価格:¥ 2,100 (税込)
レーベル:MCAビクター
カテゴリ:CD
JAN:4988067031457
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で291446位

[ Amazonの詳細ページへ ]
トラックリスト
  1. パート1・承認
  2. パート2・決意
  3. パート3・追求|パート4・賛美
エディターレビュー
   マッコイ・タイナー、ジミー・ギャリソン、エルヴィン・ジョーンズを伴ったコルトレーンのカルテットを、「黄金のカルテット」と呼ぶ。60年代前半から半ばにかけて活動したこのカルテットは、マイルス・ディヴィスが50年代後半に打ちだしたモードジャズを前進させ、ジャズの歴史に偉大な足跡を残した。
   コルトレーンのアイデアを実現するためには、単なるカルテットではなく、特別のカルテットが必要だった。例えば、ポリリズムを求めるコルトレーンには、ほかのドラマーではなく、エルヴィンが不可欠だったのである。
   64年に録音した本作は、その黄金のカルテットの集大成盤ともいえる作品で、そのため同カルテットの最高傑作との呼び声も高い。4部からなる組曲形式になっていて、その後のコルトレーンに顕著となる宗教色も色濃い。とはいえ、それは特定の宗教とは関係なく、むしろ哲学的な問題に対するコルトレーンの立場を鮮明にしたものと考えたほうがわかりやすい。ともかく、あらゆる面において完成度の高い作品だ。(市川正二)
Amazonレビュー
amazon検索