ライヴ・アット・ヴィレッジ・ウェスト

演奏 ロン・カーター&ジム・ホール
新品の在庫はありません。
ユーズド:¥ 1,800より »
レーベル:ビクターエンタテインメント
カテゴリ:CD
JAN:4988002401901
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で692558位

[ Amazonの詳細ページへ ]
トラックリスト
  1. バグス・グルーヴ
  2. オール・ザ・シングス・ユー・アー
  3. ブルー・モンク
  4. ニュー・ワルツ
  5. ダウン・フロム・アンティグア
  6. サマー・ナイト
  7. セント・トーマス
  8. エムブレイサブル・ユー
  9. ラヴァーン・ウォーク
  10. ビーズと腕輪
この商品を買った人はこんな商品も買っています
エディターレビュー
   ロン・カーター&ジム・ホールのデュオは、72年録音のマイルストーン盤「アローン・トゥゲザー」が最初となる。それから10年後の82年に録音したのがコンコード盤の本作。本作の好評にこたえて、84年には「テレフォン」をやはりコンコードに録音した。両者のデュオはこれら3作がすべてで、3枚ともライヴ録音である。
   ベースとギターのデュオ、はっきりいってこれほど地味なジャズはない。もし別のミュージシャンが演奏していたら、地味なまま終わっていたかもしれない。しかしさすがは名人のロン&ジムだけあって、スタンダードを素材に絶妙な会話を繰り広げている。互いの反応を確かめつつ、その場の成り行きで自然にリズムが変化していくところは、進行形のジャズを聴いているというスリルを感じる一瞬だ。<2>はまさにそれ。有名曲のフレーズをさりげなく引用しているのも楽しい。
   99年にロンにインタビューした際、ジムとのデュオ再現を希望したところ、「難しそう」との返事だった。ファンとしてはこれら3作を大事にするしかなさそうだ。(市川正二)
Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索