ワインライト

演奏 グローヴァー・ワシントンJR. , 演奏 ラルフ・マクドナルド , 演奏 スティーヴ・ガット , 演奏 マーカス・ミラー , 演奏 エリック・ゲイル , 演奏 ポール・グリフィン , 演奏 リチャード・ティー , 演奏 ビル・イートン
定価:¥ 1,836
マーケットプレイス価格:¥ 6,263 (税込)

レーベル:イーストウエスト・ジャパン
カテゴリ:CD
JAN:4988029302144
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で134760位

[ Amazonの詳細ページへ ]
トラックリスト
  1. ワインライト
  2. レット・イット・フロウ
  3. イン・ザ・ネーム・オブ・ラヴ
  4. テイク・ミー・ゼア
  5. クリスタルの恋人たち
  6. メイク・ミー・ア・メモリー
Yahoo!ショッピング
ワインライト/グローヴァー・ワシントンJr.
ストア:BOOKOFF Online ヤフー店
在庫あり
¥698
条件付
送料無料
ワインライト
ストア:US import shop
在庫あり
¥12,745
グローヴァー・ワシントンJr./ワインライト 
ストア:ネットオフ ヤフー店
¥788
送料無料
この商品を買った人はこんな商品も買っています
エディターレビュー
   グローヴァー・ワシントンJr.はクリード・テイラーに認められ、1970年代にスタープレイヤーになった。そして、彼がさらにスケールアップしたのは、1979年から始まるエレクトラ時代だった。これは1980年に発表した同レーベルでの第2作で、リチャード・ティー、エリック・ゲイル、スティーヴ・ガッドといった元「スタッフ」のメンバーも参加している。
   当時流行した、いわゆるアダルトな雰囲気のブラックフュージョン。全米アルバムチャートの5位にランクされた大ヒットアルバムだ。ビル・ウィザースのヴォーカルを一部加えたのも効果的で、ビルの歌をフィーチャーした<5>はシングルカットされ、ビルボードのチャートで最高2位にランクされた。余談ながら、その<5>は日本題より、「ジャスト・ザ・トゥー・オブ・アス」という原題のほうが雰囲気が出る。なおこのアルバムの成功に気をよくしたグローヴァーは翌1981年に、ほぼ同じメンバーで続編『Come Morning』を録音した。(市川正二)
Amazonレビュー


amazon検索