土曜日の夜

新品の在庫はありません。
ユーズド:¥ 369より »
レーベル:イーストウエスト・ジャパン
カテゴリ:CD
JAN:4988029304247
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で52145位

[ Amazonの詳細ページへ ]
トラックリスト
  1. ニュー・コート・オブ・ペイント
  2. サンディエゴ・セレナーデ
  3. セミ・スウィート
  4. シヴァー・ミー・ティンバース
  5. ダイアモンズ・オン・マイ・ウィンドシールド
  6. 土曜日の夜
  7. ブルースを弾きながら
  8. プリーズ・コール・ミー、ベイビー
  9. デポー、デポー
  10. ドランク・オン・ザ・ムーン
  11. ゴースト・オブ・サタデイ・ナイト
エディターレビュー
   イーグルスが「01'55」をカヴァーしたのかもしれないが、あたかもケルアックの『路上』の忘れられたシーンからあらわれた、くたびれ果てたビート詩人を連想させるトム・ウェィツは、他のカリフォルニアのシンガー・ソングライターと比べ、かなり異質な孤高の存在であった。ウェイツのビートニク・スタイルのお家芸は色あせてしまったかもしれないし、事実、後年、音楽的な面で非常に大胆なソングライターに成長するまでにいたった。
   しかし、この2ndアルバムは、甘美でロマンチックなブルース調の「New Coat of Paint」(「お前はきれいなドレス、俺はきちんとタイを結んで」)や彼のヒップスター朗誦の中でもベストといえる「Diamonds on My Windshield」を含めた彼の初期の傑作がいくつか収められている。
   特に悲しみに沈んだ葬送歌風の「San Diego Serenade」(「徹夜して初めて朝日を見ることになった」)とジーンとするほどセンチメンタルな「(Looking for)The Heart of Saturday Night」(「赤信号で止まって、青で出発。今夜の俺はまるっきりの別人だぜ」)は不朽の名作である。(John Milward, Amazon.co.uk)
Amazonレビュー


amazon検索