ドゥー・バップ

演奏 マイルス・デイヴィス
価格:¥ 3,000 (税込)
レーベル:ダブリューイーエー・ジャパン
カテゴリ:CD
JAN:4943674050321
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で215199位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
トラックリスト
  1. ミステリー
  2. ザ・ドゥー・バップ・ソング
  3. チョコレート・チップ
  4. ハイ・スピード・チェイス
  5. ブロウ
  6. ソンヤ
  7. ファンタジー
  8. デューク・ブーティ
  9. ミステリー (リプライズ)
エディターレビュー
   マイルス・デイヴィスがこの最期のスタジオアルバムでも相変わらず追い求めているのは、マイルスならではの音だ。プロデューサー兼ラッパーにイージー・モ・ビーを迎えた本作は、ヒップ・ホップとジャズをクロスオーバーさせたサウンドになっている。クール&ザ・ギャングやジェームス・ブラウンの曲をサンプリングした結果生まれたメロウなグルーブは、アシッド・ジャズに似ていて、かすかにトリップホップ・ジャズも感じさせる。

   本作は楽しませてくれるが、リリース以来あからさまに批判されてきた。評論家たちは、マイルスのような天才は古典的な曲(ようするに本作とはちがう音楽)でキャリアの幕を引くべきだと期待していたからだ。そして悲しいことに、イージー・モ・ビーのラップは、マイルスのすばらしさを称えてばかりいるリリックによって、“ありきたり”という言葉に新たな意味を加えているだけだ。とは言え、そうした欠点にもかかわらず本作はいまだに、このジャンルの多くのアーティストを打ちのめしている。その理由はなんと言っても、マイルスが最期まですばらしい演奏を聴かせてくれるからだ。

   本作は名作ではないが、とことん楽しめるアルバムだ。この巨匠が人生の最期の日々に新たなジャンルに挑んだ音に、腰を下ろしてじっくりと耳を傾けようではないか。そして、もし彼が生きていたら、マッシヴ・アタックのようなバンドと共演して彼が鳴らしたかもしれない音に思いをはせよう。(Phil Brett, Amazon.co.uk)

Amazonレビュー
amazon検索