フィリッパ・ジョルダーノ

作曲 サルトーリ , 作曲 ベルリーニ , 作曲 サン=サーンス , 作曲 プッチーニ , 作曲 ビゼー , 作曲 グノー , 作曲 ヴェルディ , 作曲 モリコーネ , 指揮 バッリ(チェルソ) , 演奏 ロンドン・セッション・オーケストラ
定価:¥ 2,592
マーケットプレイス価格:¥ 3,480 (税込)

レーベル:ダブリューイーエー・ジャパン
カテゴリ:CD
JAN:4943674014842
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で12019位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
トラックリスト
  1. 歌劇「ノルマ」 ~清らかな女神
  2. 歌劇「サムソンとデリラ」 ~あなたの声に心が開く
  3. 歌劇「トスカ」 ~歌に生き,恋に生き
  4. 歌劇「カルメン」 ~ハバネラ
  5. 歌劇「ジャンニ・スキッキ」 ~私のお父さん
  6. アヴェ・マリア
  7. 歌劇「椿姫」 ~さようなら過ぎ去った日よ
  8. ロスト・ボーイズ・コーリング
  9. ユー・アー・ザ・ワン
  10. ディソナンツェ
  11. マリア,海辺にて
  12. 清らかな女神
エディターレビュー
   イタリア人歌手、フィリッパ・ジョルダーノのこのアルバムは、聴く人をまごつかせるかもしれない。クラシックのレーベルであるエラートからのリリース。しかし、1999年のゴールデン・グローブ賞を受賞した映画『海の上のピアニスト』からの名曲で、エンニオ・モリコーネとロジャー・ウォータース作曲の「ロスト・ボーイズ・コーリング」のような現代曲とアリアをミックスさせたりしている。オーケストラサウンドがキーボードの電子音やドラムの音で補われており、ホイットニー・ヒューストンやセリーヌ・ディオンのファンが喜びそうな、高級で華やかな、チャートイン間違いなしといった感じの音色に仕上がっている。
   ベリーニのオペラ『ノルマ』からの<1><12>はアルバムの核となる名曲だが、その2ヴァージョンの間では、『サムソンとデリラ』、『トスカ』、『カルメン』、『椿姫』が居心地悪そうに有名なポップチューンと肩をならべている。ブロードウェイっぽい声の出し方や、アンドリュー・ロイド・ウェバー調の演出は明らかに意図的なものだ。アンドレア・ボチェッリの異色の成功のように、オペラに対するクロスオーヴァーをアピールしているのだろう。
   純粋なオペラファンがフィリッパ・ジョルダーノをひどく気に入るかどうかはわからない。でも一般的な音楽好きには、クラシックの歌姫には往々にして禁じ手となっている分野へ堂々と足を踏み入れたことに好感が持てるにちがいない。(Gary S. Dalkin, Amazon.com)
Amazonレビュー
amazon検索