パッヘルベルのカノン~バロック名曲集

演奏 フェルナンデス(ユゲット) , 作曲 ヘンデル , 作曲 パッヘルベル , 作曲 ラモー , 作曲 バッハ , 演奏 パイヤール室内管弦楽団 , 演奏 ランパル(ジャン=ピエール) , 演奏 アンドレ(モーリス) , 演奏 ピエルロ(ピエール) , 演奏 ベイロン=ラクロワ(ロベール) , 演奏 バイヤン
定価:¥ 1,080
マーケットプレイス価格:¥ 849 (税込)

レーベル:ワーナーミュージック・ジャパン
カテゴリ:CD
JAN:4943674017065
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で30位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
トラックリスト
  1. アダージョ ト短調
  2. 水上の音楽~アラ・ホーンパイプ
  3. オーボエ協奏曲ハ短調~アダージョ「ヴェニスの愛」
  4. カノン ニ長調
  5. 6声のコンセール第6番~めんどり
  6. 6声のコンセール第6番~メヌエット
  7. 管弦楽組曲第3番ニ長調BWV1068~G線上のアリア
  8. チェンバロ協奏曲第5番ヘ短調BWV1056~ラルゴ「恋するガリア」
  9. トランペット・ヴォランタリー
  10. 4つのヴァイオリンのための協奏曲ト短調op.17-6~アリア・グラツィオーソ
  11. 管弦楽組曲第2番ロ短調BWV1067~ポロネーズ
  12. 管弦楽組曲第2番ロ短調BWV1067~バディネリ
  13. カンタータ第140番~コラール「目を覚ませと呼ぶ声が聞こえ」
エディターレビュー
   室内管弦楽の演奏で「上品で知的」と評判なのが、音楽学者でもある指揮者、ジャン=フランソワ・パイヤールが率いるパイヤール室内管弦楽団である。そのアンサンブルは、繊細なうえに明るさがあり、古典的で格調高い世界を表現している。
   このアルバムは、バロック音楽の名曲を選りすぐったもので、ジャン=ピエール・ランパル(フルート)、ピエール・ピエルロ(オーボエ)、モーリス・アンドレ(トランペット)など、フランスの名手たちの共演が聞けるのも楽しみの1つだ。
   フランス映画『夫婦』のテーマ曲に用いられた<4>は、3つのバイオリンと通奏低音からなる弦楽合奏用に編曲されたものである。静かに続く通奏低音の主題に合わせて、バイオリンによる3声のカノンが情緒的に重なりあう。バッハのカンカータで特に有名な第140番は、キリストを花婿に、信者を花嫁に例えて、キリストの再臨を迎える喜びが歌われた作品だ。<13>はその第4曲にあたり、ユニゾンの弦楽合奏と通奏低音による旋律で、花婿の行列が次第に近づいていくさまを描いている。(新井由己)
Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索