WIZARD OF OZONE~小曽根真ベスト・セレクション

演奏 小曽根真 , 演奏 北川潔 , 演奏 ジェームス・ジーナス , 演奏 ジョン・パティトゥッチ , 演奏 クラレンス・ペン , 演奏 ピーター・アースキン , 演奏 ジョン・スコフィールド , 演奏 ウォレス・ルーニー
定価:¥ 3,086
マーケットプレイス価格:¥ 2,476 (税込)

レーベル:ユニバーサル インターナショナル
カテゴリ:CD
JAN:4988005259554
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で54258位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
トラックリスト
  1. ブラック・フォレスト
  2. ララバイ・フォー・ラビット
  3. ノー・シエスタ
  4. スティンガー
  5. ビフォー・アイ・ワズ・ボーン
  6. ドント・セイ・モンク
  7. ワイルド・グース・チェイス
  8. ノー・ストリングス・アタッチト(J-WAVE「OZ MEETS JAZZ」使用曲)
  9. ホーム
  10. ディア・オスカー(J-WAVE「OZ MEETS JAZZ」使用曲)
  11. ウィー・アー・オール・アローン(新録音)~アサヒ黒生TVCM曲
エディターレビュー
   94年録音のソロ・ピアノ・アルバム『ブレイクアウト』からの< 1 >「ブラック・フォレスト」は当然ソロ・ピアノ。そして2000年にTV-CFのために録音したボズ・スキャッグスのナンバー< 11 >「ウィー・アー・オール・アローン」もソロ・ピアノ――という具合に、ソロ・ピアノからスタートしてソロ・ピアノで終わる、小曽根真自身の選曲によるヴァーヴ時代のベスト盤だ。

   94年から2000年にかけての11曲が収録されているわけだが、この時代は、北川潔&クラレンス・ペンと組んだ“ザ・トリオ”の活動が中心だったので、両者とのトリオ演奏が多く含まれている。さらに変化を持たせるためか、ジョン・スコフィールドやウォレス・ルーニーの参加曲も加えられている。「デビューした際にいろんなピアニストや音楽家の影響が出ていることがとてもイヤで、でもどうしようもなくて、『自分の大好きな音楽を探す』という漠然とした目標をずっと追いかけて作ってきた何枚ものアルバムの中から、今、西暦2000年の小曽根真が、『これ、やっぱり俺だな』って感じることのできる僕の子どもたちを集めてみた」、とは本人の弁。(市川正二)

Amazonレビュー


amazon検索