ベートーヴェン : 大公トリオ、シューベルト : ピアノ三重奏曲第1番

作曲 ベートーヴェン , 作曲 シューベルト , 演奏 カザルス(パブロ) , 演奏 コルトー(アルフレッド) , 演奏 ティボー(ジャック)
価格:¥ 5,892 (税込)
レーベル:EMIミュージック・ジャパン
カテゴリ:CD
JAN:4988006787735
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で5146位

[ Amazonの詳細ページへ ]
トラックリスト
  1. ピアノ三重奏曲 第7番 変ロ長調 作品97「大公」 第1楽章:アレグロ・モデラート
  2. ピアノ三重奏曲 第7番 変ロ長調 作品97「大公」 第2楽章:スケルツォ(アレグロ)
  3. ピアノ三重奏曲 第7番 変ロ長調 作品97「大公」 第3楽章:アンダンテ・カンタビーレ・マ・ペロ・コン・モト
  4. ピアノ三重奏曲 第7番 変ロ長調 作品97「大公」 第4楽章:アレグロ・モデラート
  5. ピアノ三重奏曲 第1番 変ロ長調 D.898 第1楽章:アレグロ・モデラート
  6. ピアノ三重奏曲 第1番 変ロ長調 D.898 第2楽章:アンダンテ・ウン・ポコ・モッソ
  7. ピアノ三重奏曲 第1番 変ロ長調 D.898 第3楽章:スケルツォ(アレグロ)&トリオ
  8. ピアノ三重奏曲 第1番 変ロ長調 D.898 第4楽章:ロンド(アレグロ・ヴィヴァーチェ~プレスト)
エディターレビュー
   1926、28年に録音された歴史的名盤。弾けるようなイキのよさ、三者のそれぞれの個性がぶつかり合うスリリングさは時代を超えてリスナーを刺激する。音質は少々レトロでも、古びた感じがまったくしないのはさすがだ。カザルスのチェロは大地にしっかりと根を下ろし、地の底から湧き上がってくる生命感をすくいとって音にしているかのよう。ティボーのバイオリンは空中を浮遊し、踊るような線を自在に描く。コルトーのピアノは夜空に開く大輪の花火。華麗なパッセージがきらめきながら空間を埋め尽くしていく。弦楽器奏者2人のうち、より独特なスタイルを持っているのはティボーの方だ。ポルタメントをきかせた粋な節回し。早め早めに次のフレーズに飛び込んでいく気っぷのよさ。おしゃれで、洗練されていて、勘が鋭い。一方のカザルスは率直で雄々しい。そして、このトリオに繊細さと優しさを与えているのがコルトー。最初は弦楽器奏者2人から半歩下がっているような印象を受けるかもしれないが、聴けば聴くほど存在感が増してくる。タイトルになっているベートーヴェンの「大公」では、軽やかでキビキビした演奏が心地よい。ゴツゴツしないベートーヴェン演奏の好例だ。ただし、フォルテになったときの爆発力は容赦がない。鍵盤を思い切りひっぱたき、弓を弦にたたきつける激しさは聴いている方がたじろぐほどだ。しかし、このトリオらしさがよく出ているのは、むしろ併録のシューベルトの方かもしれない。曲調がシンプルですっきりしている上、メロディーを歌い上げる部分が多く、「大公」よりもさらにリラックスした演奏になっているためだ。(松本泰樹)
Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索