熱帯JAZZ楽団 V ~La Noche Tropical~

演奏 熱帯JAZZ楽団 , その他 Lerner , その他 Barbosa , その他 Hideaki Nakaji , その他 Ken Morimura , その他 Taisei Aoki , その他 Loewe , その他 Reis , 演奏 山北健一
定価:¥ 3,132
マーケットプレイス価格:¥ 2,049 (税込)

レーベル:ビクターエンタテインメント
カテゴリ:CD
JAN:4988002416639
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で87378位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:通常1~2営業日以内に発送
トラックリスト
  1. カラ・デ・パヤソ
  2. ニカズ・ドリーム
  3. 今夜はドント・ストップ
  4. アルマ・エテルナ
  5. 踊り明かそう
  6. 11PMのテーマ
  7. エル・モロ
  8. 007~ジェームス・ボンド・テーマ
  9. パラ・ティオ・ティト:ラン・カン・カン、オイエ・コモ・バ、ダンス・マニア
  10. イレヴン(ライヴ・ヴァージョン)(ボーナス・トラック)
エディターレビュー
   カルロス菅野率いる熱帯ジャズ楽団の、通算5枚目にあたる作品である。
   オープニングの<1>は、ティト・ロドリゲスのマンボである。歌っているのは、ディアマンテスのアルベルト城間。カルロス菅野いわく、「ティト・プエンテが亡くなったんですが、ぼくの場合、ラテンをはじめたきっかけがプエンテだったんです。それで今回はラテンの王道的なものをやろうと。その結果、マンボの大スター、ティト・ロドリゲスの曲から始めて、最後はプエンテのメドレーで終わる構成に。ヴォーカルをアルベルトに頼んだのは、彼、スペイン語がネイティブだから」。
   とはいえこのアルバムはラテン曲集というわけではなく、ホレス・シルヴァーの<2>、マイケル・ジャクソンのヒット曲<3>、年配のファンには懐かしさがこみあげる<5>、ファンからの要望が多かった<8>など、その選曲はバラエティ豊かである。それらをラテンアレンジでダイナミックに演奏しており、実にダンサブルな仕上がりだ。ラテンの楽しさとビッグバンド・ジャズの醍醐味が合体した、豪快な演奏である。(市川正二)
Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索