アート・オブ・ヴァイオリン [DVD]

価格: (税込)
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
カテゴリ:DVD
JAN:4943674960811
Amazon.co.jp 売上ランキング:DVDで179279位

[ Amazonの詳細ページへ ]
トラックリスト
  1. イントロダクション
  2. オープニング・シーン
  3. パガニーニ(1782-1840)
  4. ヨーゼフ・シゲティ(1892-1973
  5. ミッシャ・エルマン(1891-1967)
  6. ヤシャ・ハイフェッツ(1901-1987)
  7. ナタン・ミルシテイン(1904-1993)
  8. ジノ・フランチェスカッティ(1902-1991)
  9. 神童たち
  10. ウジェーヌ・イザイ(1838-1931)
  11. ジョルジュ・エネスコ(1881-1955)
  12. フリッツ・クライスラー(1875-1962)
  13. ジネット・ヌヴー(1919-1949)
  14. ジャック・ティボー(1880-1953)
  15. アイザック・スターン(1920-)
  16. 神話的響き:ストラディヴァリウス&グァルネリウス
  17. ヘンリク・シェリング(1918-1988)
  18. 演奏スタイル
  19. ダヴィッド・オイストラフ(1908-1974)
  20. ユーディ・メニューイン(1916-1999)
エディターレビュー
   20世紀のもっとも偉大なヴァイオリニストを扱ったブリュノ・モンサンジョン監督のドキュメンタリー映画『アート・オブ・ヴァイオリン』は、あら捜しの余地がまったくない。ついでながら、類似の内容の『アート・オブ・ピアノ』や『アート・オブ・シンギング』についても同じことがいえるので、何人かのすばらしい歴史的な演奏家に関する個人的な視聴覚資料を集めるのには格好の時期である。労を惜しまずに集められたフィルム資料(ここでは少なくとも20人の著名なソリストが大きく取り上げられている)によってボリュームが増したが、それはもちろんヴァイオリンのテクニックを観察する際に格別の価値があるし、細部を愛するという点でここに示されたアプローチの多様性は、それ自体、果てしない比較対照の動機なのである。映画は演奏の資料的な映像―その大半は存在するとは夢にも思われなかったものだ―とインタビューおよびドキュメンタリー解説がない混ぜになっている。しかしながら、モンサンジョンはこの企画を博物館ものに変えることをしないで、パールマンや、賢明にもヒラリー・ハーンといった現代の人間の証言も収めている。といっても、この映画が現代の演奏家やこの分野の愛好家の誰にとっても大いに意義があることをけっして疑ったわけではないが。絶対必見である。(Roger Thomas、Amazon.co.uk)
Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索