モーニング・ヴュー

その他 ボイド , その他 アインジガー , その他 カトゥニック , その他 パジラス2世 , その他 キルモア
定価:
マーケットプレイス価格:¥ 2,291 (税込)

レーベル:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
カテゴリ:CD
JAN:4547366000313
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で179669位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
トラックリスト
  1. Nice To Know You
  2. Circles
  3. Wish You Were Here
  4. Just A Phase
  5. 11am
  6. Blood On The Ground
  7. Mexico
  8. Warning
  9. Echo
  10. Have You Ever
  11. Are You In?
  12. Under My Umbrella
  13. Aqueous Transmission
エディターレビュー
   ブレイク・シングル「Drive」の熱気さめやらぬうちにインキュバスから届けられた本作『Morning View』は、あまり激しさを感じさせない。それもそのはずで、すでに前作『Make Yourself』のリリースから2年近い歳月が経過しているのだ。

   ロサンゼルスのメタル・シーンをインキュバスと共に育ててきたシステム・オブ・ア・ダウンにも言えることだが、若々しさ・怒り・大音量を売りにすると、それだけでニュー・メタルに分類されてしまう。インキュバスにはそれが不満だ。もっともな話である。彼らのサウンドは、リンプ・ビズキットの猿真似ラップよりも、フェイス・ノー・モアやレッド・ホット・チリ・ペッパーズの巧妙で独創的なファンク・メタルに近い。実際、「Nice to Know You」や「Circles」、それに見事な「Blood on the Ground」は、確かな成熟ぶりを示している。しかし、今回のインキュバスの見るべき点はそれだけではない。「I Wish You Were Here」、「Just a Phase」、「11 a.m.」、「Mexico」では、インキュバスらしかぬソフト路線が取られている。アコースティック・ギターと小規模なストリングスを使うことによって、ノイズは減少、インパクトは増大という効果を上げているのだ。

   インキュバスは原点を見失ってしまったのかという声も出てくるだろうが、要するに大人の音楽をやるようになったということである。『Morning View』は、1作ごとに進歩し続けるバンドが大きな跳躍を果たしたアルバムだ。(Robert Burrow, Amazon.com)

Amazonレビュー
amazon検索