AMELIE

定価:
マーケットプレイス価格:¥ 5,527 (税込)

レーベル:Virgin Records Us
カテゴリ:CD
:2131180
JAN:0724381079027
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で84676位

[ Amazonの詳細ページへ ]
トラックリスト
  1. J'y Suis Jamais Alle
  2. Les Jours Tristes (instrumental)
  3. La Valse D'Amelie
  4. Comtine D'un Autre Ete: L'apres Midi
  5. La Noyee
  6. L'autre Valse D'Amelie
  7. Guilty
  8. A Quai
  9. Le Moulin
  10. Pas Si Simple
  11. La Valse D'Amelie (orchestra version)
  12. La Valse Des Vieux Os
  13. La Dispute
  14. Si Tu N'etais Pas La
  15. Soir De Fete
  16. La Redecouverte
  17. Sur Le Fil
  18. Le Banquet
  19. La Valse D'Amelie (piano version)
  20. LaValse Des Monstres
エディターレビュー
   鬼才ジャン=ピエール・ジュネ監督(『ロスト・チルドレン』『エイリアン4』『デリカテッセン』)の放つこの明るく愉快な寓話『アメリ』には、これでもかというくらいたくさんの凝った仕掛けが施されている。そのなかで最も控えめなのは、ヤン・ティルセンが作曲したしみじみと心にしみる快い音楽だろう。
   作曲家にしてさまざまな楽器を弾きこなす才能ももつティルセンはこれまでに、クラシック、ポップス、ロックというジャンルの違う音楽をうまく融合させてきた。しかし、この『アメリ』のサントラを聴いてわかるように、彼はそのうちのどれにも縛られることはない。4枚目のサントラとなるこのアルバムでは、ティルセンは個性をはっきりと打ち出したオリジナルのスタイルで優美なメロディーを作り出した。かの偉大な作曲家ニーノ・ロータとはちょうど好対照を成すようなメロディーを。
   パリが舞台のこの恋物語は、おなじみの街角のアコーディオンのモチーフで始まる。しかしそれが、お決まりの陳腐な取り合わせにならないところがティルセンなのだ。ジプシーのメロディー、クラシックの弦楽アンサンブル、機械音、鮮明で可憐な響きのソロピアノの音色などが繊細なタッチで取り込まれている。さらに、独特の音から始めるミニマリストのテクニックまで駆使して。その結果できあがった音楽は、さわやかで、初々しく、斬新でありながらもどこか親しみがあって懐かしい感じのする、表情豊かな音楽となった。
 『アメリ』は、大切なものはどこにあるかをいつも気づかせてくれる、心温まるポストモダンのサウンドトラックだ。(Jerry McCulley, Amazon.com)
Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索