Night Sessions

定価:
マーケットプレイス価格:¥ 2,160 (税込)

レーベル:Sony
カテゴリ:CD
JAN:0696998575325
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で189160位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:通常6~10営業日以内に発送
トラックリスト
  1. Lisa
  2. Miami Overnight
  3. Streets Ahead
  4. Interlude
  5. All Would Envy
  6. Best Time
  7. When I See You
  8. You Move Me
  9. Blue Horizon
  10. Light The Stars
  11. Through An Open Window
  12. Easter Parade
エディターレビュー
   インストゥルメンタル・ポップ史上もっともヒットした3枚は、ヒュー・マセケラ、ハーブ・アルパート、チャック・マンジョーネというトランペッターたちのレコーディング作品だ。ボッティのこの4作目には、その伝説と肩を並べるほどのキャッチーで軽快なメロディーが申し分なく備わっている。だが、ヴォーカル曲2曲のうちの1曲「All Would Envy」は、かつてツアーに同行したスティングの作曲によってブラジル風の圧倒的な陽気さがもたらされ、ショーン・コルヴィンが忘れがたい歌声を聞かせてくれるものの、セールスやラジオでのエアプレイの足を引っ張るかもしれない。

   前述の名だたるトランペット・プレイヤーたちと同じく、ボッティは「Miami Overnight」「Streets Ahead」といったグルーヴ感あふれるアップビートなナンバーでリズムを強調している。とりわけ「Blue Horizon」ではヨーロッパ調のドラムンベース・サウンドをはっきりと打ち出し、ビリー・チャイルズによる必殺のキーボードと、本作のプロデューサーのキッパーをフィーチャーしている。アルパートの影響を感じさせる「Through an Open Window」はロック・ギターとなめらかなメロディーによって、おそらく多くのリスナーが本作で最高と思えるトラックだ。その他の収録曲の大半では、スムースジャズのラジオ局やハリウッド映画のサントラ盤にボッティを登場せしめた、あのキーボードをたっぷり詰めこんだムードあるサウンドの中を、歯切れよく澄みきった音色が貫いている。(Mark Ruffin, Amazon.com)

Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索