ヴェリー・ベスト・オブ・セルジオ・メンデスとブラジル’66

定価:¥ 1,888
マーケットプレイス価格:¥ 1,680 (税込)

レーベル:ユニバーサル インターナショナル
カテゴリ:CD
JAN:4988005304865
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で40951位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:通常2~3営業日以内に発送
トラックリスト
  1. マシュ・ケ・ナダ
  2. スカーボロー・フェア
  3. ウィズ・ア・リトル・ヘルプ
  4. ライク・ア・ラヴァー
  5. 恋のおもかげ
  6. ナイト・アンド・デイ
  7. フール・オン・ザ・ヒル
  8. ノルウェーの森
  9. 君に夢中
  10. ルック・アラウンド
  11. 星屑のボサ・ノバ
  12. デイトリッパー
  13. プリティ・ワールド
  14. パイス・トロピカル
  15. ウォッチ・ホワット・ハプンズ
エディターレビュー
   セルジオ・メンデスの大ブレイクはハーブ・アルパート抜きに語れない。フィリップス、アトランティック、キャピトルに録音した時代のセルメンも音楽的に充実していたが、人気というか、ファンへのアピール度ということになると、66年から始まるA&M時代、つまりハーブ・アルパートのプロデュースによる一連のアルバムがベストセラーを記録した時代が絶頂期だった。ブラジル'66の前身バンドであるブラジル'65はボサノヴァらしいボサノヴァを演奏するバンドだったが、ブラジル'66になるとガラリとバンドのカラーが変わり、それによって60年代後半、爆発的な人気を得た。具体的には2人の女性ヴォーカル(ひとりはのちにハーブ・アルパート夫人となるラニ・ホール)をフィーチャーした爽やかなハーモニーが聴く者を魅了、サウンド的にはアメリカン・ポップスの要素を加えた小気味のいい音が熱烈歓迎された。本作はそうした時代のヒット曲を集めたベスト盤で、ビートルズ、S&G、バカラックの曲も独自のセルメン・サウンドに生まれ変わっている。(市川正二)
Amazonレビュー
amazon検索