39-刑法第三十九条- [DVD]

定価:¥ 4,104
マーケットプレイス価格:¥ 2,800 (税込)

販売元:バンダイビジュアル
カテゴリ:DVD
JAN:4934569610843
Amazon.co.jp 売上ランキング:DVDで38669位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
Yahoo!ショッピング
中古DVD/39-刑法第三十九条-/邦画
ストア:ドラマYahoo!店
在庫あり
¥1,710
条件付
送料無料
中古DVD/39-刑法第三十九条-/邦画
ストア:ドラマ書房Yahoo!店
在庫あり
¥1,710
条件付
送料無料
39−刑法第三十九条−/鈴木京香,堤真一,樹木希林,江守徹,杉浦直樹,森田芳光
ストア:BOOKOFF Online ヤフー店
在庫あり
¥1,780
条件付
送料無料
エディターレビュー
   猟奇的な夫婦殺害事件が発生し、劇団員の柴田真樹(堤真一)が逮捕される。彼は殺害こそ認めるものの、殺意は否定。殺害当時の記憶はなかったと主張する。そして裁判中、人格が豹変したことから、司法精神鑑定が請求される。
   鑑定人・藤代実行(杉浦直樹)は、柴田が犯行時に精神が乖離状態で心神喪失していたと鑑定するが、鑑定助手の小川香深(鈴木京香)は、別の結論を確信し再鑑定に動き出す。多重人格の容疑者と、その精神の奥底に迫る鑑定者。徐々に事件の奥に潜む真実が明らかになっていく…。
 『失楽園』以来2年ぶりにメガホンをとった森田芳光監督が、当時の日本映画には珍しい、サイコ・サスペンスというジャンルに真っ正面から挑んだ作品。タイトルの刑法第三十九条とは、心神喪失者の行為は罰せず、心身耗弱者の行為はその刑を軽減するという法律で、容疑者・柴田にこの法を適用するか否かが劇中での焦点となる。 銀残しを使用した映像が終始憂うつな雰囲気を醸し出しており、眼鏡をかけた鈴木京香のナイーブな演技がより不安感を煽る。(斉藤守彦)
Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索