ライヴ・イン・トーキョー

演奏 小松亮太 , 演奏 オルケスタ・ティピカ
定価:¥ 3,024
マーケットプレイス価格:¥ 1,804 (税込)

レーベル:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
カテゴリ:CD
JAN:4547366006506
Amazon.co.jp 売上ランキング:音楽で28341位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
トラックリスト
  1. 踊り子
  2. 青いリボン
  3. 軍靴の響き
  4. ラ・クンパルシー
  5. エバリスト カリエーゴに捧ぐ
  6. ネグラーチャ
  7. メリディオナル
  8. コントラバヘアンド
  9. つばめ - ラ・カチーラ - 私の隠れ家 - 下町のロマンス
  10. タングアンゴ
  11. ビジェギータ
  12. トゥリウンファル
  13. エル・デスバンデ
エディターレビュー
 「暗い力をもつ、この古いようで新しい楽器」と、小松亮太はバンドネオンという楽器を形容する。デジタルとは遠くかけ離れた非合理的な楽器構造と、うらぶれた場末の酒場が似合いそうな哀愁を帯びた響き。それは確かにピアソラ・ブームによってこの6、7年、一挙に日本でも脚光を浴びてきた。
   そしてとうとう、バンドネオンの使徒・小松亮太が、長らく夢と抱いてきたバンドネオン4台を含む大編成オルケスタ・ティピカ――本場南米でも30年前にあきらめてしまった究極の様式――を、日本人の若いミュージシャンたちによって、再びこの世に実現した。

   全体の響きは暗く、分厚く、ダイナミックで、スケール大きく、リズムはこれでもかと粘る。4台のバンドネオンは、音色が妖しくからまりあい、鋭敏で切れのあるリズムが見事だ。曲目構成は、アストル・ピアソラという強烈な個性を踏まえつつ、タンゴという大きな流れを意識した構成になっている。
   聴きものは、4人の若い日本人バンドネオン奏者(小松亮太、北村聡、早川純、川波幸恵)による熱いソロ・メドレー。また、コントラバスの山崎実の秀逸なソロ、違和感なく溶け込む佐竹尚史のボンゴ、とりわけ芯の強い熊田洋のピアノがいい音を出している。

   ピアソラが持っていた鋭利なナイフのような冷たさ、とげとげしい攻撃性と皮肉めいた抒情のコントラストとはまた違い、音楽全体から発散される一途で若々しい熱さは、アンサンブル全体に浸透した他ならぬ小松の個性でもある。
   通して聴いていると、ある種の「疾走感」がボディブローのように身体に効いてくる。それは「生きることのせつなさ」へと心の内で変化していく。それがタンゴなのかもしれない。(林田直樹)

Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索