チョコレート [DVD]

脚本 ミロ・アディカ , 脚本 ウィル・ロコス
定価:¥ 4,104
マーケットプレイス価格:¥ 4,400 (税込)

販売元:日活
カテゴリ:DVD
JAN:4988103630477
Amazon.co.jp 売上ランキング:DVDで37857位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
Yahoo!ショッピング
チョコレート/ハル・ベリー
ストア:BOOKOFF Online ヤフー店
在庫あり
¥798
条件付
送料無料
中古DVD/チョコレート【字幕版】/洋画
ストア:ドラマYahoo!店
在庫あり
¥1,058
条件付
送料無料
中古DVD/チョコレート【字幕版】/洋画
ストア:ドラマ書房Yahoo!店
在庫あり
¥1,058
条件付
送料無料
エディターレビュー
   保守的なアメリカ南部、ジョージア州のある町。黒人に偏見を持つ刑務所の看守ハンク(ビリー・ボブ・ソーントン)と、そこで処刑された死刑囚の妻だった黒人女性、レティシア(ハル・ベリー)が出会う。それぞれ息子を亡くした2人は、その穴を埋めるかのようにお互いを求め合い始めるが、レティシアは、ハンクこそ自分の夫の死刑を執行した男だと知らない…。
   一見メロドラマ風な筋書きであり、そういう見方も許してはいるが、“筋書きでは語られない奥深さ”のある映画である。甘い愛のおとぎ話の形を借りながら、これまでも、そしてこれからも連綿と続くであろう人間の偏狭さ、グロテスクさをも見せつける。「チョコレート」という邦題は決して悪くないが、原題である「MONSTER'S BALL」(怪物の舞踏会)という言葉がまた、何とも意味深だ。
   監督はスイス生まれの若手、マーク・フォスター。ミロ・アディカとウィル・ロコスによる、何重にも意味が張り巡らされた脚本は、第74回アカデミー賞オリジナル脚本賞にノミネートされた。またハル・ベリーはこの作品の演技で、同最優秀主演女優賞を受賞。黒人では初の快挙として、アカデミー賞の歴史に刻まれることになった。(安川正吾)
Amazonレビュー


amazon検索